酔って海に転落したら? 『救助に駆け付けた人物』が豪華すぎてネット騒然

1月16日(木)12時22分 grape

2019年12月30日、カリブ海のセントマーティン島近くで、クルーズ船から酔っぱらって転落し行方不明になっていたフランス人男性が救助されました。

男性は脱水症状を起こしていたものの、命に別状はないといいます。

男性を救助したのは、なんと…。

ハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオ

イギリスのニュースメディア『The Sun』によると、この日、レオナルド・ディカプリオはカリブ海で恋人や友人とクルーズを楽しんでいたとのこと。別の船から「酔っぱらった乗務員が海に転落した」と緊急の無線が入り、即座に男性を捜索することを決めたそうです。

緊急の無線に反応し、捜索に協力したのは、レオナルド・ディカプリオの船のみでした。

男性は11時間も海をさまよっており、日没や暴風雨も近づいていたといいます。もしレオナルド・ディカプリオの船が救助に向かわなかったら、とても助からなかったでしょう。

ある関係者は、こう話していたそうです。

男性の生存の可能性は10億分の1程度でした。宝くじに2回当選するようなものです。

The Sun ーより引用(和訳)

ネット上では、このニュースを見た人たちから多くのコメントが寄せられました。

・助かって何よりです。映画になりそうな話ですね。

・『タイタニック』のラストを思うと胸熱な展開。

・ディカプリオが来た途端、「ついに幻覚が…」とか思いそう。

・『華麗なるギャッツビー』だな。レオさま、お手柄です。

出世作品となった映画『タイタニック』では、命がけで恋人を守ったレオナルド・ディカプリオ。

プライベートの旅行を優先させるのでなく、迷わず行方不明者の捜索を決めた心意気は、映画さながら。本物のヒーローですね!


[文・構成/grape編集部]

出典 The Sun

grape

「救助」をもっと詳しく

「救助」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ