1月16日は<ヒーローの日>『アベンジャーズ』新作、日本予告編解禁

1月16日(火)17時0分 クランクイン!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(C)2018MARVEL

写真を拡大

 『アベンジャーズ』シリーズの最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』から、日本記念日協会が認定した“1月16日”<ヒーローの日>に、日本版予告映像とアイアンマンことトニー・スタークが危機迫る表情を浮かべる場面写真が解禁となった。 複数の単体映画がクロスオーバーすることで実現した、壮大なスケールで描かれた世界観と、主役級のヒーロー同士の融合から生まれる予測不能な展開。さらに、ヒーローでありながらも我々と変わりのない悩みを抱える人間くさいキャラクター像。これらが幅広い世代からの支持を得たことで、『アベンジャーズ』シリーズは世界から注目され続ける作品としての地位を築いてきた。

 これまで中心人物としてアベンジャーズを引っ張ってきたアイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.は「僕たちキャストやスタッフは、たくさんの時間、親交を深めることをやって来た。僕たちは、お互いの面倒を見て、お互いのことを気にかけ、お互いを支え合う、本当の家族のようになった」と感慨深げにシリーズを振り返っている。

 4月に公開を控える本作では、遂にアベンジャーズ全滅の危機が訪れこととなる。地球を壊せるほどの計り知れないパワーを持つ、最強最悪のラスボス・サノス(ジョシュ・ブローリン)が満を持して登場するのだ。日本版予告映像には、アイアンマンやスパイダーマン(トム・ホランド)、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)などが集結した史上最大のドリームチーム「アベンジャーズ」が登場。勝率0%とも思える強大な敵に立ち向かう彼らだが、果たして地球を守ることができるのか。公開に向けてますます期待が高まる。

 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、4月27日全国公開。

クランクイン!

「ヒーロー」をもっと詳しく

「ヒーロー」のニュース

BIGLOBE
トップへ