『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がV5! 全世界興収で10位に

1月16日(火)11時0分 クランクイン!

1月13日~1月14日全国映画動員ランキング1位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真を拡大

 1月13〜14日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、週末土日動員14万2000人、興収2億700万円をあげ、5週連続1位を達成。公開から5週で累計興収65億円を突破し、全世界興収は12億6494万ドル(約1390億円)を超え、昨年ヒットを記録した実写版『美女と野獣』を抜き歴代10位となった。 2位も先週同様『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、週末土日動員13万7000人、興収1億9300万円を記録しランクイン。3位は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が、週末土日動員9万3000人、興収1億1800万円をあげ、先週の4位から一つ順位を上げた。4位は、先週の3位からワンランクダウンの『DESTINY 鎌倉ものがたり』。こちらは週末土日動員8万9000人、興収1億1300万円をあげ、累計興収は27億円に迫る勢いだ。

 初登場組は、6位に初週土日動員5万4000人、興収8700万円をあげた『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が、7位にリュック・ベッソンが原案、脚本、製作を務めた『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』が、それぞれランクインした。

 また、公開6週目を迎えた10位の『オリエント急行殺人事件』は累計興収15億円を突破した。

1月13日〜1月14日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:スター・ウォーズ/最後のジェダイ
第2位:キングスマン:ゴールデン・サークル
第3位:8年越しの花嫁 奇跡の実話
第4位:DESTINY 鎌倉ものがたり
第5位:映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
第6位:劇場版 マジンガーZ / INFINITY
第7位:ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
第8位:未成年だけどコドモじゃない
第9位:映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me
第10位:オリエント急行殺人事件

クランクイン!

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」をもっと詳しく

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のニュース

BIGLOBE
トップへ