注目ワードコーチ・要請 お金・不安 SKE48・辞めないってこと? 山本寛・女子大生に落ち度なかったか 中国・メディア 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「ミラン本田」初ゴールで順調な船出 タレント揃いのチームでも存在感発揮できる

J-CASTニュース1月16日(木)18時5分
画像:ACミランの日本語公式サイト
写真を拡大
ACミランの日本語公式サイト

   デビュー2戦目で初ゴール——。サッカー日本代表の本田圭佑選手が、イタリア1部リーグ(セリエA)・ACミランに移籍後、初先発の試合で早速結果を出した。



   格下相手のカップ戦とはいえ、ミランのサッカーに素早く順応して得点を挙げたのは大きい。不振にあえぐチームが必要としていた役割を果たしていけば、その地位を不動のものにできるはずだ。


前線でアクセントをつけられる選手

   味方選手のシュートを相手ゴールキーパーがはじいた。すかさず反応した本田選手が駆け寄り、左足で蹴り込むとボールがそのままゴールに吸い込まれた。2014年1月15日(日本時間16日)に行われたイタリア杯5回戦、相手はスペツィア。ミランの本拠地サンシーロに集まったファンへ挨拶代わりの一撃だ。


   前半初めはチームメートといまひとつかみ合わず、18分にはイエローカードをもらってしまう。だが徐々に調子を取り戻し、フリーキックでは前線に合わせて決定的場面を演出するなど「らしさ」を発揮していった。後半19分に退いたが、初戦を上回る活躍だったのは明らかだ。


   指揮官のタソッティ監督代表は「あのゴールは美しかった」と評価し、チームメートのFWパッツィーニ選手も、本田選手の適応の早さに「賛辞の言葉しか出てこない」と称えた。「フットボールレフェリージャーナル」を運営するサッカージャーナリストの石井紘人氏も、「試合中、機能していた」と述べた。あえて言えば、主力のカカ選手やバロテッリ選手が欠場してベストメンバーではなく、カップ戦で相手がセリエBの格下だったため、「次戦のリーグ戦を見てみたい」と続けた。


   とはいえ、移籍後2試合で本田選手は早くも「居場所」を確保しつつある。一流選手をそろえながらもリーグ戦で苦戦続きのミランは、「どこかずれていた」(石井氏)。例えばボールの支配率は高いのに、最後が決めきれない。チームが求めていたのは、前線にアクセントをつけられる選手だったと話す。相手陣内ペナルティーエリア付近の「アタッキングサード」と呼ばれる場所で味方からボールを預かり、スピードのある選手に渡して得点に結びつける戦力。「かつてイブラヒモビッチ選手(現・パリSG)が担っていたこのような役割を本田選手が演じることで、パスがスムーズに回るようになっています」。


ミドルやフリーキック武器に「短時間でもリズム変えられる」

   石井氏がもうひとつ注目した点がある。ミランには「守備陣が我慢できなくなって失点し、それにより攻撃のリズムも悪くなる」という悪循環があった。「その単調な展開を、前節は本田選手のダイレクトプレーが変えました」と説明した。流れを呼び寄せる存在となれば、チームの士気も上がる。


   タレント集団のミランにあっては、厳しいポジション争いが避けられない。本田選手の場合、起用の上でカカ選手とロビーニョ選手の「ブラジルコンビ」との兼ね合いが出てくるという。常時先発とはいかないかもしれない。ただ、低迷するチームの起爆剤として獲得した経緯もあり、試合途中での投入という形を含めて当面は出場機会を与えられるだろうと石井氏はみる。途中出場となればプレー時間が短く、流れの中で味方との連携を組み立てなければならない。それでも「ミドルシュートやフリーキックという武器がある。状況が悪い場面でも一気にリズムを変える力を持っているだけに、限られた時間内でも好結果を生みやすいと思います」。


   「ミランの救世主だ」と持ち上げる日本のメディアと比べて、現地メディアやファンは当初「本田選手はどれぐらい活躍してくれるだろうか」と少々様子見だったようだ。だが実戦でのプレーを見て期待度は増しているという。新監督に「親日家」と言われるセードルフ氏の就任が確実となったのも追い風かもしれない。入団会見で希望した「トップ下」で躍動する姿が期待できそうだ。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

J-CASTニュース
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「タレント」をもっと詳しく

注目ニュース
「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」 アニメ監督・山本寛氏の主張がまたも炎上 J-CASTニュース9月24日(日)16時41分
「らき☆すた」「フラクタル」などの作品で知られるアニメ監督の山本寛(ゆたか)さん(43)が投稿したツイートが、ネットユーザーの間で炎上騒ぎ…[ 記事全文 ]
“ユーチューバー草なぎ”に早くも熱視線 「楽しみすぎる!」とSNSで熱い話題に オリコン9月24日(日)15時9分
ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が、11月2日からSNSを開始することが決定した。[ 記事全文 ]
嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは? アサ芸プラス9月24日(日)9時58分
9月17日放送のラジオ番組「BAYSTORM」(bayfm)で、MCの二宮和也が長年の悩みについて熱く語った。[ 記事全文 ]
元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋> モデルプレス9月23日(土)10時0分
【歌恋/モデルプレス=9月23日】2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週…[ 記事全文 ]
実は「653万部号」は売り損じだった? 元ジャンプ編集長が語る“巨大漫画誌”の影響力 オリコン9月24日(日)8時40分
人気漫画『北斗の拳』(原作:武論尊/漫画:原哲夫)や『シティハンター』(北条司)を担当し、週刊少年ジャンプの歴代最高部数653万部を記録し…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは?アサ芸プラス9月24日(日)9時58分
2 「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」 アニメ監督・山本寛氏の主張がまたも炎上J-CASTニュース9月24日(日)16時41分
3 “ユーチューバー草なぎ”に早くも熱視線 「楽しみすぎる!」とSNSで熱い話題にオリコン9月24日(日)15時9分
4 元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋>モデルプレス9月23日(土)10時0分
5 「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかないねとらぼ9月24日(日)16時5分
6 安室奈美恵はなぜ“伝説”となった?過去発言にみるその理由女性自身9月24日(日)15時0分
7 実は「653万部号」は売り損じだった? 元ジャンプ編集長が語る“巨大漫画誌”の影響力オリコン9月24日(日)8時40分
8 吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!アサ芸プラス9月23日(土)17時59分
9 松本人志、引退発表の安室奈美恵の心境察する「自分を許せなくなるのが嫌になったのでは…」オリコン9月24日(日)10時24分
10 村野武範、ステージ4のがん告白「3カ所に転移」日刊スポーツ9月24日(日)7時37分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア