BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

PPAPはサウンド的にもスゴかった DJ諸氏をうならせた「秘密」

J-CASTニュース1月16日(月)18時14分
画像:ピコ太郎さんの「こだわり」とは…(16年10月撮影)
写真を拡大
ピコ太郎さんの「こだわり」とは…(16年10月撮影)

ピコ太郎さんの「PPAP」が世界的な大ヒットを記録したウラには、本職のミュージシャンも認めるサウンド面の「こだわり」がある——。こうテレビ番組で熱弁したのは、人気DJで音楽プロデューサーの「tofubeats(トーフビーツ)」さんだ。

トーフビーツさんが着目したのは、PPAPの曲中で繰り返し使われている「ポーン」という音色。実は、この単純な「ポーン」という音には、プロのDJや音楽マニアを唸らせる「ある秘密」があるという。




ピコ太郎の「只者ではない」音作り




「ズン、ポーン、ズン、ポーン、ズン、ポーン...」。こんなPPAPの単純ながらも耳に残るサウンドが、いま音楽ファンから大きな注目を集めている。



そのきっかけとなったのは、2017年1月15日放送の音楽番組「関ジャム完全燃SHOW」(テレビ朝日系)だ。番組に出演した人気DJのトーフビーツさんが、PPAPの「音作り」について、プロの目線から詳しく解説したのだ。



番組によれば、PPAPに使われている「ポーン」という音は、ローランドが1980年に発売したリズムマシン「TR-808」に収録されたもの。カウベルという打楽器の音を電子的に再現した特徴的なサウンドで、トーフビーツさんは、



「この音色とカウベルの音量を聞いて、DJ諸氏はピコ太郎が只者ではないと感じたはずです」


とコメントしていた。



実は、ピコ太郎さんが楽曲に用いたという「TR-808」というリズムマシンは、発売から30年以上が経った今もテクノやヒップホップなどのジャンルでよく使われる「往年の名機」。そのため、DJや音楽マニアはPPAPを聴いただけで、「ピコ太郎さんが本当のテクノファンだとすぐ分かる」という。



そうした上で、トーフビーツさんは、



「こうした奥行きがあるから、日本だけじゃなく世界でヒットしたんだと思う。実際、ミュージシャンも(PPAPには)全然文句言ってないでしょ」


などと結論付けていた。



古坂さん「本当にすごく頑張って作ったんです」



番組には、ピコ太郎さんの楽曲プロデューサーを務めるお笑い芸人の古坂大魔王さん(43)もVTR出演。トーフビーツさんの楽曲分析について「もうねえ、まさにそのまま!」と膝を打ち、



「僕はそこ(=カウベルの音)を、本当にすごく頑張って作ったんです。この話がしたかったんですよ。トーフビーツさん、気付いてくれてありがとうございました」


と満面の笑みで話していた。



古坂さんはさらに、PPAPの「ポーン」という音について、単純にカウベル音を使うだけでなく、裏に別のリズムマシンのスネア音を重ねることで「アタックを強く仕上げた」とも明かしていた。



世界的にブレークした「PPAP」について、その歌詞でもピコ太郎さんの風貌でもなく、純粋に楽曲としての分析を加えた『関ジャム』の内容は、音楽ファンから大きな注目を集めた。ツイッターには、



「やっぱりプロ目線って違うんだな」

「カウベルの音ひとつ取っても、こだわりぬいて作られてる。聴いてて楽しい曲にはいろいろ理由があるなあ」

「80年代のディスコからtechnoにハマった私がPPAPを聴いた時懐かしい感じがしたのはカウベルのせいだったのね」

「ピコ太郎氏のこだわりの半端なさを感じ取れた」


といった反応が相次いでいる。



カウベル製造メーカー「大変ありがたく、興味深い」



ピコ太郎さんが使ったTR-808を製造するローランドの広報担当者は1月16日のJ-CASTニュースの取材に、



「古坂さんがテクノ音楽に詳しいことは前から知っていました。PPAPにTR-808のカウベル音を使って頂いているという話も最近よく耳にしていて、大変ありがたく、興味深く感じています」


と話す。その上で、1980年発売のTR-808というリズムマシンについては、



「発売時期がクラブミュージックの黎明期と被ったため、ミュージシャンに注目を集めたのだと思います。音が太く存在感の強い独特なサウンドが特徴で、テクノやヒップホップのジャンルでは今もニーズが高いようです」


と説明していた。1983年に生産を終了したがその人気は根強く、今も中古市場では高値でやり取りされるほどだという。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
PPAPのまとめ写真 音楽のまとめ写真 ピコ太郎のまとめ写真 大ヒットのまとめ写真

「PPAP」をもっと詳しく

注目ニュース
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」 J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳で…[ 記事全文 ]
市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!? アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
6月に妻の小林麻央さんを乳がんで失った市川海老蔵を巡って、麻央さんの実姉であるフリーアナの小林麻耶との再婚が取りざたされている。[ 記事全文 ]
山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」 モデルプレス9月19日(火)19時23分
【山下智久/モデルプレス=9月19日】ジャニーズの山下智久が18日放送のクイズ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)に出演。[ 記事全文 ]
市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係 まいじつ9月12日(火)10時30分
(C)まいじつ市川海老蔵の再婚相手に、妻の麻央さん(享年34歳)の姉でフリーアナウンサーの小林麻耶が最有力候補だとして、まことしやかに囁か…[ 記事全文 ]
テイラー・スウィフト、また盗作と訴えられる ナリナリドットコム9月20日(水)2時45分
テイラー・スウィフトが、「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」の詞に関して、またもや訴訟を起こされている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
2 市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
3 市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係まいじつ9月12日(火)10時30分
4 山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」モデルプレス9月19日(火)19時23分
5 “中学生を妊娠”誤報の「月曜から夜ふかし」に人気出演者を激怒させた過去も!アサ芸プラス9月19日(火)9時58分
6 New テイラー・スウィフト、また盗作と訴えられるナリナリドットコム9月20日(水)2時45分
7 中居正広の暗躍、ジャニーズ事務所をも秤にかける存在に週刊女性PRIME9月19日(火)4時0分
8 鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変女性自身9月20日(水)6時0分
9 山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」J-CASTニュース9月19日(火)15時7分
10 優勝するとダメになる!?「お笑いコンテスト」覇者芸人の戦慄ジンクスとは?アサ芸プラス9月19日(火)17時58分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア