死去の狩撫麻礼さん、映像化作品も多数の実力派 漫画界からも追悼のコメント

1月16日(火)12時59分 J-CASTニュース

狩撫麻礼さん原作『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』(画像はAmazonより)

写真を拡大

漫画原作者の狩撫麻礼(かりぶ・まれい)さんが2018年1月7日に亡くなった。小学館が運営するウェブサイト「ビッグコミックスBROS.」などが伝えた。70歳だった。死因などは明らかにされていない。葬儀はすでに近親者で行われたという。

インターネット上では惜しむ声が相次いでいる。



2018年公開予定の原作映画も



1947年生まれ。1979年に漫画原作者としてデビューした。「狩撫」の名前以外にも、「カリブ・マーレィ」「土屋ガロン」「ひじかた憂峰」など複数のペンネームを使用して活動していた。ハードボイルドな作風で知られる。



「ビッグコミックスBROS.」は、


「狩撫氏はかわぐちかいじ谷口ジロー、池上遼一、弘兼憲史、かざま鋭二、浦沢直樹、中村真理子、松本大洋ら小学館でおなじみのそうそうたるメンバーとタッグを組み、ビッグ各誌誌上に作品を発表されました。謹んでご冥福をお祈りいたします」

と哀悼の意を表している。



映画やドラマ化された作品もあり、故・松田優作さんが主演・監督を務めた1986年公開映画の同名原作『ア・ホーマンス』(画・たなか亜希夫)をはじめ、『湯けむりスナイパー』(画・松森正)は遠藤憲一さん主演でドラマ化(テレビ東京系、2009年)、『リバースエッジ 大川端探偵社』(画・たなか亜希夫)はオダギリジョーさん主演でドラマ化された(テレビ東京系、2014年)。



また、『ルーズ戦記 オールドボーイ』(画・嶺岸信明)を原作とした韓国のパク・チャヌク監督の映画「オールド・ボーイ」(2003年)は、2004年にカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞している。2018年には『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』(画・いましろたかし)を原作とした山下敦弘監督、山田孝之さん主演・プロデュースの映画「ハード・コア」が公開予定だ。



「もっとも僕の人格に影響を与えた人でした」



インターネット上では業界関係者やファンからの追悼コメントが相次いで書き込まれている。



狩撫さんと「劇画村塾」の同門である漫画家の山本貴嗣さんは、「ご冥福をお祈り申し上げます」のツイートとともに、狩撫さんをモデルとした「狩魔無礼」の画像を投稿した。自身の漫画『最終教師』に登場するキャラクターで、


「当時ご覧になった狩撫先生ご本人も笑っておられました。三十数年昔になります」

と懐かしんだ。そのほかにも狩撫さんとの思い出を綴っている。



ツイッターには、狩撫さんの作品を愛読していたファンからも、


「もっとも僕の人格に影響を与えた人でした」

「あなたの作品に命を、魂を救われました」

「『ボーダー』は、まだ青かった時の自分にとってはバイブルみたいなもんだったんだ」

「色んな偉大な文人の人の本とか読んだりしたけど、狩撫先生の言葉は誰よりもスウッと入ってきた」

など、自身の思い出や思い入れなどとともに、死を惜しむ声が寄せられている。



『リバースエッジ 大川端探偵社』を漫画雑誌「漫画ゴラク」で連載していた日本文芸社は、15日公式サイトで訃報を伝えるとともに、未発表の原作を順次同誌に掲載予定であることを発表した。

J-CASTニュース

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

BIGLOBE
トップへ