セクシーキャットウーマン! 山本美月、最新CMでイメージを覆すコスプレ披露

1月16日(金)10時0分 メンズサイゾー

 モデルで女優の山本美月(23)が、15日に都内で行われた中古車販売サービス「GooPLUS」の新CMの記者会見に出席。22日からテレビ放映される最新CMの中で、メイドやキャットウーマンなどに扮していることが発表された。


 山本は、白のミニスカワンピースでイベント会場に現れると、コスプレを披露したCMについて「普通の人より喜びが大きかったと思います! たくさん着られて楽しかったけど、(映るのが)一瞬なのがもったいない」と振り返る。専属モデルを務めるファッション誌「CanCam」(小学館)の中では、"うさぎ系OL"と呼ばれ、清楚でふんわりとしたイメージのある山本だが、プライベートでは大のコスプレ好きでも有名。今回、仕事でさまざまな衣装を着たことは、彼女にとっては趣味の延長線上にあるともいえそうだ。


 ただ、公開されたCMカットの中には、ピチピチの黒タイツをはいたキャットウーマン姿も。お尻のカタチがはっきりとわかるセクシーポーズを決める山本は、これまでのイメージとは一線を画す姿を披露している。この画像は、すでにネット上でも話題となっており、「相変わらず笑顔はキュートだけど体つきはセクシーなんだな」「こういう子がコスプレすると萌える」などといったコメントが寄せられている。


「山本さんは昨年放送されたドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』(日本テレビ系)の中でも、魔女やミツバチなどのコスプレ衣装で登場していましたね。この衣装は本人も気に入っていたようで、公式ブログの中でもテンションの高いコメントと共に掲載されました。彼女がブログを更新するのは、月に10回程度とそれほど高くありませんが、男装姿やアニメ『銀河鉄道999』のメーテルに扮した姿など、コスプレ画像をアップする度に話題になります。モデルならではのスタイルの良さを活かしたコスプレは、当然ながら完成度が高く、完全にマニアの域にあるのかと(笑)。なにより、アニメ好きとして知られる彼女の、キャラクターに対する愛情が感じられるところが評価されています」(芸能ライター)


 モデル業に限らず、ドラマやCM、バラエティなどで活躍する山本。特にCMでの評判は高く、2009年のデビュー以降、すでに10数社に起用されている。タレントイメージが重要視される企業CMのオファーが絶えない山本は、それだけ視聴者にクリーンな印象を抱かれているのだろう。


「テレビCMは長期間にわたって放送されるため、企業側は起用したタレントが放送中に不祥事を起こすことを何より恐れます。企業のイメージを著しく損なったりした場合には、事務所が違約金を払うという契約が交わされます。車のCMに出演するタレントが交通事故などを起こしてしまったら、当然打ち切りとなりますから、その分の損害を事務所が負担するというわけです。たとえば、爆笑問題は長年トヨタのCMに起用されていますが、これは彼らが免許を持っておらず、そもそも車の事故を起こす心配などがないためといわれています。ヘタに車好きのタレントを起用し、スピード違反などで捕まっては、企業も事務所も大きな痛手ですからね。


 山本さんがテレビCMで活躍しているのも、スキャンダルなどを起こす可能性が低いからではないでしょうか。これまで彼女は、イベントやバラエティ番組で、『合コンに行ったことがない』『ファーストキスは22歳』などと発言しており、一部では処女説などが流れるほど、ウブな印象があります。こうした彼女のイメージが、企業サイドに好意的に受け止められているのだと思います」(芸能関係者)


 アニメオタクでコスプレ好きの山本だが、そうした趣味を公言していることもCM出演につながっているのかもしれない。ただ、今回話題となっている最新CMでは、これまでとはイメージの異なるセクシーなコスプレを披露している山本。清潔感あふれる彼女がどんな表情を見せてくれるのか。今から放映が待ち遠しい。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

山本美月をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ