夫婦共演はビジネスライクなものだった? 高橋ジョージ・三船美佳夫妻が離婚へ

1月16日(金)20時30分 メンズサイゾー

 おしどり夫婦としても知られる『THE虎舞竜』の高橋ジョージ(56)と女優でタレントの三船美佳(32)の離婚が「スポーツニッポン」に報じられ、芸能界に衝撃が走っている。


 2人は一昨年末頃から別居しており、都内の自宅には高橋が一人で住み、三船は10歳の一人娘と母親とともに大阪に住んでいるという。離婚の原因は、高橋による三船の束縛にあるとされ、「自宅に高橋がいる間、仕事以外の外出禁止」だったことが明かされた。離婚調停は決裂し、三船が離婚を求めて提訴している状態だという。


 2人は1998年に結婚。当時16歳であった三船が、40歳の高橋と24歳の年の差で結婚したことは、世間を大いに驚かせた。一部からは「すぐ離婚するのでは」との声もあったが、その後は仲睦まじく夫婦でテレビ出演することも多く、おしどり夫婦として知られるようになった。


 そんな彼らの突然の離婚に、ネットでは「仲いいと思ってたからびっくり」と驚きの声が続出している。また、「32歳だしこれから第二の人生を楽しんでほしい」と三船を応援するコメントもあった。


「実は2012年にも離婚危機が騒がれたことがありました。テレビ出演する際、いつも楽屋が一緒だった2人が、急に別々の楽屋に入るようになったという話が聞かれていたんです。最近も、以前に比べて夫婦共演が少なくなっていたことから、その仲が心配されていました。昨年1月、美佳さんがレギュラー出演している『住人十色 〜家の数だけある、家族のカタチ〜』(毎日放送)で新居をリフォームする様子が放送されていたので、そこからたった1年で離婚に発展したのは驚きですね。この時すでにビジネスライクな夫婦関係だったのでしょう。


 結婚時、双方とも創価学会の信者であることから"宗教婚"ともいわれていましたし、夫婦仲が冷えたとしても離婚はないかと思っていたんですが...」(芸能関係者)


 離婚原因は高橋の束縛ということだが、それは話し合いなどで乗り越えられないものだったのだろうか?


「美佳さんは16歳という若さで結婚し、ファーストキスの相手もジョージさんだと明かしていました。となると、恋愛経験がほとんどない状態で結婚したことになります。もちろん、他の男性を知らず一人の男性と添い遂げることは素敵なことですが、誰かと交際していく中で相手に対して自分の意見を述べたり、ケンカするといった経験が少ないのは結婚生活にとってはある意味マイナスです。いくら仲のいい夫婦でも、何かしら話し合って自分の意見を相手に伝え、お互いの意見をすり合わせる場面はありますから。美佳さんは恋愛経験が乏しい分、ジョージさんに自分の意思をうまく伝えられなかったのかもしれませんね。24歳差という年齢差を考えれば、束縛以外にも価値観の相違はあったはずで、年齢を重ねて視野も広がったであろう美佳さんがそれに気づいたという可能性もあるでしょう」(恋愛ライター)


 最近では『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演するなど、単独のテレビ出演もあった三船だが、今となってはそれも離婚に向けての動きだったように思える。益若つばさ(29)や山口もえ(37)など、シングルマザータレントも多い昨今。彼女もその一員として活動していくのだろうか。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

離婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ