本田翼、ゲーマー人気爆上げ! 女優業ではシリアス路線に期待

1月16日(土)17時0分 メンズサイゾー

 年明けに公式Instagramを開設し、ファンを喜ばせたモデルで女優の本田翼(23)。すっぴんショットや寝起き画像を次々と投稿し、プライベート感あふれる姿でファンを魅了しているが、最近ではキュートなルックス以外でも話題を集めた。


 本田は、13日に開催された人気ゲーム『ドラゴンクエスト』の30周年プロジェクト発表会にゲストとして出演。10歳のころから同ゲームをプレイし始め、「朝起きて18時間プレイしたこともある」と語ったほか、好きなキャラクターを聞かれ、モンスター名の「スライムナイト」ではなく、プレイヤーの仲間になったときのキャラクター名である「ピエール」と回答し、ゲーム関係者を驚かせた。


 また同ゲームの魅力について、「物語に"終わりがある"というのが好き。最近(のゲームはオンライン対応になっているため)ずっと続いていくものが多いな、と思ってまして...。RPGにはエンディングを作っていただけたら」と、昨今のゲーム事情を交えて堂々とコメント。そんな本田の言葉にネット上のゲーマーたちも、「正論すぎる」「ドラクエの制作スタッフに入ってほしいくらい」「ドラクエ愛にあふれた意見だな」と賛同を寄せた。


 過去に出演したバラエティー番組でも、2時間でも空けば気分転換にゲームすると語り、好きな作品についての話題では嬉しそうな笑顔を浮かべていた本田。そんな彼女のゲームに対する熱の入れようは、「にわかファン」といったレベルではないと評判を集めたこともあった。今回、国民的ゲームといえる『ドラクエ』にも精通していることが判明し、改めてゲームファンを唸らせたといえそうだ。


「本田さんは自身のブログにプレイ中の作品についての記事を投稿しており、ファンの間ではゲームマニアとして知られていました。ただ、Twitterなどには本田さんのゲーマーぶりに驚きの声が寄せられていますので、一般の人にとってインパクトがあったようです。今後、さらにゲームマニアなところが浸透すれば、漫画好きな一面もありますので、サブカル系のイメージが強くなるのかもしれませんね。


 人気タレントの○○好きアピールは、"キャラ作り"と受け止められかねませんが、本田さんの場合はマニアの間でも"ガチ"なゲーマーとして認知されつつあるようです。ただ、かつてオタク層から絶大な人気を誇った中川翔子さん(30)も、ハマっていると言っていたゲームの成績を公表したところ、マニアから『大したことなかった』と猛烈なバッシングを受けたことがあった。人一倍ゲームに対する愛着を持つマニアは、少々のことでも過敏に反応しますので、本田さんも注意が必要かもしれませんね」(ネットライター)


 親しみやすさを感じさせる屈託のない笑顔で、男女共に人気の高い本田。その上さらにマニアたちの支持が加わるとなれば、ますます活躍の幅を広げそうだ。


 昨年、フジテレビ系の月9ドラマ『恋仲』で主人公を務めた本田は、11月公開の映画『起終点駅 ターミナル』でもヒロインを務めるなど女優業も好調。この映画では、俳優・佐藤浩市(55)の相手役を担い、家族から見放された孤独な少女を見事に演じきった。篠原哲雄監督も「この子でよかった」と太鼓判を押しており、本田自身も「新たな一歩を踏み出せた気がする」と女優業への自信をのぞかせた。


 さらに本田は、今秋公開予定の映画『少女』の主演も決定。同作は人気作家・湊かなえ氏の同名小説の実写版で、本田は「人の死ぬ瞬間」を見たいという欲望を持つ女子高生役を演じる。小児科病棟でボランティアをし、「死」の瞬間を目撃するために死期の迫る少年たちと仲良くするという難しい役どころだ。


 オタク趣味を隠さず、シリアス路線もこなす女優業という異色の両輪で活動する本田。2016年もさまざまなフィールドで話題を提供してくれそうだ。
(文=aiba)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

シリアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ