日本一ムラムラする写真集! お色気バラエティ発の写真集に細巨乳・ムチムチ・ミラクルボディを誇る人気グラドル5名が集結

1月16日(火)16時0分 メンズサイゾー

 15日配信のネットバラエティ『妄想マンデー』(AbemaTV)で、番組オリジナル写真集のモデルを務めるグラビアアイドルが発表された。


 この番組は、お笑いコンビのアルコ&ピースが、アシスタントの今野杏南(28)や塩地美澄(35)らと共に男の妄想を刺激するために奮闘するバラエティ。「妄マンガールズ」と呼ばれるグラドルがビキニ姿で出演し、毎回さまざまなコーナーでカラダを張りまくることから、AbemaTVを代表するお色気バラエティとして人気を博す。


 16年春にスタートした番組では、4月に迎える2周年を記念してオリジナル写真集の制作を発表。そのモデルは番組を盛り上げてきた妄マンガールズとなるが、現在約40名が名を連ねる大所帯のため、メンバーを厳選することに。SNSを介してファン投票が行われ、その結果が15日の回で発表された。


 選ばれたグラドルは、妄マンガール2号の清水あいり(25)、17号の白川未奈(30)、34号の月城まゆ(23)、36号の椿原愛(25)、37号の松嶋えいみ(25)の5名。スレンダーながらHカップ巨乳の清水やムチムチのカラダをウリにする白川、『ミスFLASH2017』グランプリで美白ボディの月城、鍛え抜かれた肉体美を誇る椿原、「ミラクル神ボディ」と称される松嶋というタイプの異なる美女が顔をそろえた。


 彼女たちをカメラに収めるのは今野。この番組にはグラドルたちを被写体に「少しエッチな自撮り風写真」を撮る人気コーナーがあり、そのカメラマンを担当しているのが今野なのだ。自身もグラドルとして活躍する今野の撮影した写真は、構図などにも凝っており、モデルの魅力を引き出していると評判だ。


 以前から、"撮る側"に興味があるとインタビューなどで語り、今回の撮影にも「私が責任を持って女のコたちの魅力を最大限に引き出し、素敵な作品にします!」と意気込む今野。番組内でも、「ずっと女のコを撮りたかった!」と念願叶ったことに喜びを爆発させ、モデルとしての出演より「緊張する」と心境を明かした。


 ちなみに、「日本一ムラムラする写真集」を目指す今作は、クラウドファンディングサービス「Makuake」を利用して資金を集め、一部の出資者には制作に携われる特典も。その中には「タイトル決定権」や「表紙決定権」といった作品の顔になる部分に関われる権利など、グラビアファンにはたまらないスペシャル特典がある。しかも一般流通の予定はなく、出資者のみに渡される完全限定生産とあって貴重な1冊になることは間違いない。


 15日の放送でも、人気グラドルたちがビキニ姿でセクシーショットを連発した『妄マン』。エッチな意味ではないがイヤらしく聞こえるセリフを呟く名物コーナー「カッチカチ丸」では、写真集のモデルに選ばれた清水らが、「もっとイれてほしい...」「いっぱいちょうだい...」などと艶っぽい声を出して男性視聴者を刺激した。クラウドファンディングの目標金額は300万円と高額だが、熱狂的なファンの多い番組だけにあっという間に資金が集まることになりそうだ。

メンズサイゾー

「写真集」をもっと詳しく

「写真集」のニュース

BIGLOBE
トップへ