元NMB48・吉本新喜劇の福本愛菜、シングルマザー役も「気持ち分からへん」

1月16日(火)6時0分 マイナビニュース

NMB48で吉本新喜劇の福本愛菜が、きょう16日深夜にスタートするカンテレのドラマシリーズ『大阪環状線 Part3ひと駅ごとのスマイル』(毎週火曜24:25〜 ※関西ローカル)の第1話「福島駅編」に出演する。

福本は、シングルマザーの奈緒役で出演。息子を家まで送ってくれた、キムラ緑子と波岡一喜演じる親子を泥棒と勘違いしてしまう役どころだ。

撮影を終えた福本は「ほんまにあっという間でした。風のように去っていきましたね(笑)」と、2日間というタイトなスケジュールでの撮影に充実の表情。ドラマ出演については、「勝手に学生役やと思っていたんですけど、まさかのシングルマザー役で、『子どもおらんから、気持ち分からへん』って思いました」と不安を抱えていたそうだ。

さらに、「監督に『元から持っている、昔やんちゃしてた感じで』って言われて、そんな風に見えてるんや」とパブリックイメージの違いに苦笑い。親に報告した際にも、「絶対できひんやん!」と言われたことを明かした。

自身は、「子どもはめっちゃ欲しい!」と語りながらも、「そろそろやばいですね(笑)。地元に子どもがいる友人も多いので、『やばい!出遅れてる!』と思います」と焦りを語り、最後は「ちょっと温かい気持ちになれるお話です。ぜひ、たくさんの方に見ていただきたいです!」と呼びかけた。

マイナビニュース

「NMB48」をもっと詳しく

「NMB48」のニュース

BIGLOBE
トップへ