超特急リョウガ、コーイチ脱退に悲痛「心が張り裂けそうに」

1月16日(火)16時30分 マイナビニュース

7人組グループ・超特急の1号車・コーイチ(23)がグループを脱退することが16日、公式サイトで発表され、リーダーのリョウガの8号車(ファン)へのメッセージも掲載された。

超特急のリョウガ(左)とコーイチ

リョウガは「超特急は、一号車から八号車合わせて超特急で、この七人で八号車の皆を夢の東京ドームまで連れて行くと今まで言ってきました。にも関わらずこのような突然の報告を八号車の皆様に伝える事になり非常に心が痛いです」と心境を吐露。

「ずっとこのメンバーで走って行きたかった。ですが本当にどうしようもなかった。八号車のことを想うと本当に胸が痛くて、申し訳ない気持ちで心が張り裂けそうになります」とつらい思いを明かした。

そして、「脱退するメンバーが出るのは望んでいないことだと思います。八号車の皆が六人になった超特急に色んな気持ちが出てくることを十分理解出来ます。ですが、コーイチのためにも、六人のためにも、止むを得ずこの選択をしたという状況だというのをどうか理解していただけたらと思います」とファンに理解を求めたリョウガ。

「六人と八号車になった僕たち超特急は以前と変わらず夢の東京ドームを目指して走って行きます。コーイチの想いも乗せてこれからも走って行きたい。だから八号車の皆には脱退するコーイチも、六人になる超特急も、応援していただき支えてくださったら嬉しいです」と呼びかけ、「これからも超特急をどうかよろしくお願いいたします」と締めくくった。

サイトではコーイチの脱退理由について「今後の活動について本人と話し合いを行い、熟慮を重ねた結果、グループ活動においての方向性の違いにより、超特急のメンバーとしての活動に終止符を打つ判断に至った次第です」と説明。脱退時期は「関係各所と最終調整中」としている。

マイナビニュース

「超特急」をもっと詳しく

「超特急」のニュース

BIGLOBE
トップへ