長谷川博己、川口春奈は「姫っぽさがある」『麒麟がくる』帰蝶役を称賛

1月16日(木)18時8分 マイナビニュース

俳優の長谷川博己が16日、東京・渋谷のNHKで行われた主演を務める大河ドラマ『麒麟がくる』(1月19日スタート、毎週日曜20:00〜)の初回完成試写会に出席。出演予定だった女優の沢尻エリカ被告の代役として帰蝶(濃姫)を演じる川口春奈について言及した。

同作は、智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生に光を当てながら、彼の生涯を中心に戦国英傑たちの運命の行く末を描く物語。昨年11月に帰蝶(濃姫)役で出演予定だった沢尻エリカ被告が麻薬取締法違反の罪で逮捕され、川口春奈を代役に撮り直し。放送開始日を1月5日から2週間延期し、今週末いよいよ初回を迎える。

長谷川は、川口の演技について「彼女はすごくストレートにお芝居をしてくれる。持ち前の魅力で姫っぽさもあり、屈託のない感じなんですけど、たまに意表を突かれます」と言い、「いろいろなものが生まれそうな、ワクワクした感じがしています」と期待。「こう来るかなと思うところを違う感じでやって来るというのが多々あって、それが帰蝶という役柄とうまくシンクロして見えてくる。帰蝶もそういう人間だと思う」と語った。

マイナビニュース

「長谷川博己」をもっと詳しく

「長谷川博己」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ