山田涼介、"キラキラ感"は瞬時に出し入れ! 「生きる場所は芸能界」確信

1月16日(木)11時30分 マイナビニュース

1月17日に公開される映画『記憶屋 あなたを忘れない』。依頼を受けて相手の記憶を消す「記憶屋」は、ネット上でまことしやかにささやかれている都市伝説だ。主人公の遼一(山田涼介)は、プロポーズしたばかりの恋人・杏子(蓮佛美沙子)が、ある日突然「遼一の記憶」だけ失ってしまったことから、弁護士・高原(佐々木蔵之介)と共に「記憶屋」の存在を追いかけるようになる。幼馴染の真希(芳根京子)は、そんな遼一に複雑な想いを抱えているのだが……。織守きょうやの原作小説をベースにして、『ツナグ』(12)、『義母と娘のブルース』(18・TBS系)などで知られる平川雄一朗監督ならではの、切なくも温かい作品に仕上がっている。

主人公・遼一を演じた山田涼介に話を訊いた。人生の半分以上をアイドルとして生きてきた彼は、「広島県出身の素朴な大学生」をどう表現したのだろうか?

○■コンビニのレジ打ちのバイトをしてたら浮く

——本作の話が来たときの第一印象を聞かせてください。

『記憶屋』というタイトルを聞いて、「すごく興味をひかれるタイトルだな」と感じました。すごくパワーワードじゃないですか。シンプルなタイトルだけど、だからこそ気になるというか「どんな話なんだろう?」と。それでまず、原作小説を手に取ったんですが、すごく面白くて一気に引き込まれました。その後、台本にも目を通しながら、「原作の良さを伝えることができるか?」と考えました。

——たしかに、映画版はサスペンスの要素がある原作とは雰囲気が違いますし、設定も変わっている部分もありますね。

そもそも、小説を2時間にまとめるのはすごく難しいことですし、だからこそ何度も読み返して、「これは難しいかもしれない」と感じたんです。なので、平川監督とは現場で何度も話し合って遼一という役を作っていきました。

——では、率直に完成試写を観た感想は?

自分が出演していると、最初から客観的に見ることは少ないのですが、この作品はとても感動しました。撮影しているときに想像していた何倍もいい作品ができたと思いました。もちろん、悪い作品を作っているつもりはなかったけど、予想以上の仕上がりで、撮影中に色々話し合ったり意見が違う部分もあったけれど、監督の中では、映像化されたときの絵が見えていたんだなと。

——主人公の遼一は、広島県出身の平凡な大学生。普段の山田さんとは全く違う役どころです。

なんか、自分で言うのもなんですけど、俺がコンビニのレジ打ちのバイトをしていたら、浮くと思うんですよ(笑)。

——それはおっしゃるとおりです(笑)。遼一は、等身大の青年というか、アイドルの山田さんを封印するような役ですよね。

そうなんです。だから、遼一を演じているときは、(アイドルの)キラキラ感みたいなものは、できる限り出さないように心がけていました。

——その「キラキラ感」は出し入れできるものなんでしょうか。

ええ!(ここでキラッとした笑顔) 意外とできるんですよ(笑)。ステージって、アイドルしやすい場所というか、「スターにさせてくれる場所」だと思うんです。それはスタッフさんの力もあるし、自分自身の経験もあるんですけど、自分の見せ方をわかっていなければ、お客さんに伝わらないんですよね。だからこそ、そのへんの出し入れは瞬時に出来たりするものなんです(笑)。

——なるほど。

遼一という役を作っていくにあたって、自分でも知らなかった、「普通の青年」の山田涼介という引き出しを探っていったというか。僕は10歳からアイドルをやっているので、人前に出る場合は、ちょっとした仕草でも「アイドル感」って出ちゃうんです。それを一切出さない、プライベートの「だらけた山田」のモードもあって、遼一という役は、そのモードでずっといる感じですね。

——もしも、山田さんがアイドルではなく、普通の大学生だったら……というイメージでしょうか。

まさにそうですね。髪型ひとつとっても「ちょっとダサくしてください」って、スタッフの方に頼んでみたり。服装は「大学生といえばチェックシャツでしょう!」という勝手なイメージがあったので(笑)、「そこにニットを合わせたりすれば、学生臭さが出るんじゃないですか」みたいに提案して。そういう細やかなところを気にしていましたね。
○■ダサい自分も気にしない

——先程、監督とは意見が違う部分もあったとおっしゃっていましたが。

正直、監督の言っていることが、理解できるまで時間がかかったというか、「どうしてこの演出なんだろう?」と思うシーンもあって。おそらくは脚本のまんまやると、トーンが重くなるから、そこで主人公の遼一の言動で少し雰囲気を軽めにしたら、映画全体のトーンが明るくなるという意図があったのかなとか、後から気づくようなことはありましたね。やっぱり、出る側の人間、作る側の人間の考え方の違いが出てきますし、だけど最終決定権は監督にあるので、そこで僕らはどう立ち回れるか、それが役者だと思っています。もちろん譲れない部分はお互いにありましたが、でも最終的には監督に任せます!

——そして、この映画の魅力として、山田さんや芳根さんの話す広島弁もあると思うんです。広島弁をマスターするためにどのような努力をされましたか?

努力というか、セリフのデモ音源というか、広島弁のセリフを話している音声を聴いて、ひたすら耳で覚えていました。広島弁は馴染みがないので、イントネーションはとくに難しかったので、芳根ちゃんと一緒に頑張りました。

——ちなみに、広島弁のセリフの中で、お気に入りのフレーズはありますか?

フレーズというか、女の子の話す広島弁はかわいいですよね。語尾が「じゃ」になるところが特に(笑)。

——この作品は、タイトルの通り「記憶」が重要なテーマになっています。忘れたいほど辛い記憶を消す記憶屋を追う遼一は、「どんな記憶でも忘れてほしくない」という立場ですが、山田さんご自身はどうお考えですか?

僕も遼一と同じく、忘れてはいけないと考えます。遼一のセリフにもありましたが、「誰かがまた思い出させてくれる」はずです。現実では記憶を消すことはできませんし、楽しい思い出は、別の楽しい思い出で上書きされていくこともあるけど、辛い思い出は楽しい思い出でもかき消すことはできませんし。それなら、辛い記憶を、きちんと見つめて生きていったほうが、強くなれるんじゃないか。僕自身、過去を振り返るのはあまり好きなタイプではないけど、過去の自分が今の自分を構築しているのは確かなので、そこは大切にしたほうがいいと思っています。

——恋人・杏子の消された記憶を取り戻そうと遼一は奔走するわけですが、当の杏子からは警戒されてしまいますし、幼馴染の真希も非協力的です。そんな逆境の中、もしご自身が同じ立場だったら、遼一のように負けずに頑張ることができると考えますか?

僕は……そこまで出来ないかもしれないですね。途中で諦めるというか、最後まで探ろうとはしないかもしれない。だったら自分の力でもう一度振り向かせて、新しい思い出を増やしていこうと考えるかもしれない。

——ちなみに、山田さんが「あの人の記憶を消したい」と考えたことは?

あんまりないですね。

——ではきっと皆の記憶の中では、常にかっこいい山田さんなんですね。

そんなことはないと思いますよ。ものすごいダサい自分もいますけど、そこは気にしないタイプ。失態もたくさんあるんでしょうけど、「人の中にある自分」についての記憶に関しては、あんまり執着してないかもしれないですね。「どうぞご自由に」というか(笑)。覚えてるならそれでいいし、覚えていないならそれで。

——山田さん自身、これまで10年以上アイドルとして、俳優として一線で活躍してきました。それは努力なしでは成し得ないことだと思います。どのようなモチベーションで活動をされているのでしょうか。

自分のためといえば、自分のためです。けれど、僕はここ(芸能界)でしか生きていくことができないだろうなという確信があるので。この仕事がダメになったら、生きていけないくらいの感覚でいるんです。もしかしたら実際そうなれば、なんとかなるのかもしれないけど、でも人生の半分以上ここにいるわけだから、何していいかわからなくなるだろうし、10歳からここにいるわけで、自分の人生の一部になっているからこそ、僕は腹をくくってやっています。それに、求められたら応えたくなる性分で、僕らの仕事は「求められること」が多いじゃないですか。そうやって応援してくれるファンの人がいるので、頑張ろうと思えます。

——最後に、この『記憶屋 あなたを忘れない』について、コメントをお願いします。

ひとりひとりのキャラクターが立っているので、どの人物にフォーカスを当てるかで、かなり印象が変わってくるというか。お子さんがいらっしゃる方なら、佐々木蔵之介さん演じる高原にすごく共感されるかもしれないですし、恋人のいる方なら、遼一や真希にフォーカスを合わせてみたりとか。普段、自分や周りの人の過去をじっくりと考える機会って少ないと思うんですが、この映画を通して考えて、その時間を大切にしてほしいですね。世代、年齢問わず楽しんでいただける作品だと思います。この作品には「あなたを忘れない」というサブタイトルがついているじゃないですか。鑑賞後にこの言葉の意味が分かるはずです。そんな、ラブストーリー、ヒューマンストーリーというか、人と人とのつながりの大切さが色濃く出ている作品ですね。

■山田涼介
1993年5月9日生まれ、東京都出身。2007年、Hey! Say! JUMPのメンバーとして「Ultra Music Power」でメジャーデビュー。以降、TVドラマへの出演や歌手活動などを精力的にこなす。映画では15年『映画 暗殺教室』で初出演にして初主演を果たし、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。他に、『グラスホッパー』(15)、『暗殺教室-卒業編-』(16)、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)、『鋼の錬金術師』(18)に出演。公開待機作に『燃えよ剣』がある。

(C)2020「記憶屋」製作委員会

マイナビニュース

「山田涼介」をもっと詳しく

「山田涼介」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ