キラメイジャー小宮璃央「ひゃっほう」できるように

1月16日(木)14時5分 日刊スポーツ

スーパー戦隊シリーズ「魔進戦隊キラメイジャー」制作発表記者会見に出席した、左からマブシーナ、水石亜飛夢、工藤美桜、小宮璃央、新條由芽、木原瑠生、古坂大魔王(撮影・佐藤成)

写真を拡大


小宮璃央(17)木原瑠生(21)新條由芽(21)水石亜飛夢(24)工藤美桜(20)古坂大魔王(46)が16日、都内で、テレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ「魔進戦隊キラメイジャー」(3月8日スタート、日曜午前9時30分)の制作発表記者会見に出席した。
キラメイレッド熱田充瑠(じゅうる)を演じた小宮は「充瑠は絵と想像するのが好きな普通の高校生です。ぼくは人前ではしゃぐのが苦手でしたが、ひらめくと『ひゃっほう!』とはしゃぐ役なので、慣れて人前でもやれるようになった」と最年少らしくはつらつと語った。
今作はそれぞれの役が非常に個性的。キラメイイエロー射水為朝(ためとも)役の木原はeスポーツ界のスーパースター。「家でたくさんゲームをしました」と役作りに励んだことを明かした。新條が演じたキラメイグリーン速見瀬奈は陸上女子100メートルの日本記録保持者で「運動全般苦手なのですが、トレーナーの方にきれいに走るフォームを教えてもらいました」。
天才外科医で合気道の達人でもあるキラメイピンク大治小夜役の工藤は「手術のシーンは医療指導の方に丁寧に教えていただいて、たくさん練習したので自信があります!『私、失敗しないので』」と同局の人気医療ドラマ「ドクターX」にかけて笑いを誘った。
キラメイブルー押切時雨役の水石はアクション俳優という設定。「5人で変身した時に、5人で変身するってこんなに心強いんだ。5人なら闘えるって思いました」と変身時の思い出をしみじみ振り返った。
博多南無鈴役の古坂は「みんな若いのでまだなじめていません(笑い)。5人をサポートしていきます。金銭的にも多めにお金を入れています。10〜20とか。まあペソですけど…結構謎が多い。この人が何者だか全くわかっていないと思う」と役と同様、謎なコメントで会場を和ませた。

日刊スポーツ

「スーパー戦隊シリーズ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「スーパー戦隊シリーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ