長谷川博己、沢尻逮捕に「真っ白、言葉出なかった」

1月16日(木)17時2分 日刊スポーツ

「麒麟がくる」完成試写会を終え、会見する明智光秀役の長谷川博己(撮影・酒井清司)

写真を拡大


俳優長谷川博己(42)が、16日、都内のNHKで、主演する大河ドラマ「麒麟がくる」(19日スタート、日曜午後8時)の第1回の試写と会見に出席した。
長谷川は「いろいろありまして、ようやく、こうやって皆さんにお届けでき、ひとまず安堵(あんど)しています」と語った。
当初出演予定だった女優沢尻エリカ被告(33)が合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われている。沢尻被告は斎藤道三の娘で、織田信長の正妻という第2のヒロインともいえる重要な帰蝶(濃姫)の役だった。収録は昨年6月に始まり、関係者によると、沢尻被告が逮捕された同11月16日までに10話分が収録済みだったとされる。NHKは同11月21日に代役を川口春奈と発表し、12月から撮り直しを開始したが、放送開始日を1月5日から同19日へと遅らせていた。
長谷川は、この日の会見で、11月に事件を聞いた時の状況を説明。朝から取材を受けて終わった時に制作統括に聞いたと説明。「その時は真っ白になった。言葉も出なかった。ショックを受けた。みんながいろいろ心配してくれたが、1週間ぐらいで川口さんが代役に決まり、すぐ切り替えて、普通に撮影をしていった感じ。雑誌には『長谷川博己激怒』と書かれたが、全然、激怒はしていない」と笑った。さらに「彼女ももったいないことをしたなと思う」と語った。
また代役の川口について「すごくストレートに芝居をしてくれる。結構、持ち前の魅力で姫っぽさもあって屈託のない感じだが、たまに意表を突かれる」と語った。

日刊スポーツ

「長谷川博己」をもっと詳しく

「長谷川博己」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ