故W・ヒューストンさんが「ロックの殿堂」入り

1月16日(木)6時48分 日刊スポーツ

ホイットニー・ヒューストンさん(93年9月撮影)

写真を拡大


ロック音楽の進化と発展に貢献したアーティストを認定する「ロックの殿堂」が15日、2020年度に殿堂入りするアーティスト6組を発表。故ホイットニー・ヒューストンさんが、初ノミネートで選ばれたことがわかった。
このほか、昨年10月に発表となった計16組の候補アーティストたちの中から選ばれたのは、デペッシュモード、ドゥービー・ブラザーズ、ナイン・インチ・ネイルズ、故ノートリアス・B.I.G.、T・レックスの5組。
2012年に死去したヒューストンさんを含め、ノートリアスB.I.G.、ドゥービー・ブラザーズ、T・レックスの4組が初ノミネートでの殿堂入りとなった。
昨年はジャネット・ジャクソン、スティービー・ニックス、デフ・レパードら7組が殿堂入り。セレモニーはニューヨークで開催されたが、今年は5月2日、「ロックの殿堂」があるオハイオ州クリーブランドのパブリック・オーディトリアムで開かれ、米HBOチャンネルでライブ中継される。 
「ロックの殿堂」は1000人を超えるアーティストや音楽関係者らの投票に加え、音楽ファンによる投票が「ロックの殿堂」の公式サイトrockhall.comで実施され、選考プロセスで考慮される。(ニューヨーク=鹿目直子)

日刊スポーツ

「ロック」をもっと詳しく

「ロック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ