ダイヤモンドルフィー、ワンマンライブで新曲・新衣装を初披露&5thワンマンの開催を発表

1月16日(月)22時0分 OKMusic

ダイヤモンドルフィー (OKMusic)

写真を拡大

ダイヤモンドルフィーが1月16日(月)TSUTAYA O-EASTにて、シングル「拝啓ロミオとジュリエットへ」を提げたワンマンライブ『約束した花の咲く場所で』を開催した。

ライブの序盤、幕が開くと同時にロミオとジュリエットを連想させる舞台演出に会場からは歓声が響き渡り、ライブ中盤にはなんと、メンバーによるロミオとジュリエットの舞台演劇も行なわれた。

本物の演劇なさがらのクオリティーに、観客からは大きな拍手が響き渡り、このワンマンに対し彼女たちが日々努力を積み重ねてきた光景が目に浮かび上がってきた。

アンコールではダイヤモンドルフィーの今後の指針を示す新曲であり、今までの世界感とはまた一つ違った曲調の「fake poker 〜生き様を賭けた道楽〜」を初披露。始動以降初の新衣装はトランプがテーマになっており、メンバーカラーに合わせたカラフルな衣装が観客の目を奪った。

そして、ダブルアンコールでは、始動2周年記念前日の7月10日(月)に5thワンマンライブ『イカサマサーカス』が恵比寿LUIQUID ROOMで開催されることが発表された。メンバー自身にも知らされていなかったこの発表に対し、メンバーは驚きと喜び、そして次のステップへ向けた決意を口にした。

今後もとどまることを知らないダイヤモンドルフィーの動きから目が離せない!

ダイヤモンドルフィー5th ワンマンライブ『イカサマサーカス』

7月10日(月) 恵比寿・LIQUIDROOM

OKMusic

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ライブをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ