ジャック・ホワイト、ソロとして4年振りとなるアルバムを3月23日に発売

1月16日(火)11時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



ジャック・ホワイトが、ソロ名義としては4年振り3作目となるオリジナル・アルバム『ボーディング・ハウス・リーチ』を3月23日(金)に全世界同時リリースすることが決定した。

ジャック自身がプロデュースを手掛け、ニューヨーク、ロスアンゼルス、ナッシュヴィルの三都市でレコーディングされた新作は、ロックンロールはもちろん、エレクトロやハード・ファンク、ヒップ・ホップ、ゴスペル・ブルースなど、ジャックのキャリア史上最も幅広い音楽性を取り入れた意欲作となっており、ジャックはヴォーカル、アコースティック&エレクトリック・ギター、シンセサイザー、ドラム、オルガンと、多数の楽器を演奏。参加ミュージシャンのラインナップも、長年のコラボレーターに加え、ドラムにはビヨンセやQ-Tip等の作品に参加した経歴を持つルイス・カト、ベースにはザ・ゴースト・オブ・ア・セイバー・トゥース・タイガーのメンバーとして知られるシャーロット・ケンプ・ミュール、キーボードにはジャズ・ファンク・トリオ=ソウライヴのメンバーとして知られるニール・エヴァンス等々、豪華な新メンバーが起用されている。

国内盤は解説、歌詞対訳の封入に加え、高音質のBlu-Spec CD2、さらに初回限定デジパック仕様の豪華盤として発売予定だ。アルバムの正式発表に先立ち、1月11日(木)にファースト・シングルとなる「コネクテッド・バイ・ラヴ」、及びアルバム収録曲「リスペクト・コマンダー」の2曲が配信開始となり、「コネクテッド・バイ・ラヴ」のMVも同時に公開されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

2015年以降ライヴ活動を休止していたジャックだが、2018年は5月の『シェイキー・ニーズ』『ボストン・コーリング』、6月の『ガバナーズ・ボール』と、大型音楽フェスへのヘッドライナー出演も既に発表されており、正式にライヴ活動を再開することも明らかになっている。いよいよソロ活動第三章として動き出した彼から、目が離せない。

■「コネクテッド・バイ・ラヴ」「リスペクト・コマンダー」iTunes購入ページ
https://itunes.apple.com/jp/album/id1331218953?at=10lpgB&ct=886446925349_al&app=itunes

アルバム『ボーディング・ハウス・リーチ』

2018年3月23日(金)全世界同時発売予定

【国内盤CD】(Blu-Spec CD2仕様)
価格:¥2,500+税
※解説・歌詞・対訳付き
※初回仕様限定 デジパック予定
<トラックリスト>
01. Connected By Love | コネクテッド・バイ・ラヴ
02. Why Walk A Dog? | ホワイ・ウォーク・ア・ドッグ?
03. Corporation | コーポレーション
04. Abulia and Akrasia | アブーリア・アンド・アクレーシア
05. Hypermisophoniac | ハイパーミソフォニアック
06. Ice Station Zebra | アイス・ステーション・ジブラ
07. Over and Over and Over | オーヴァー・アンド・オーヴァー・アンド・オーヴァー
08. Everything You've Ever Learned | エヴリシング・ユーヴ・エヴァー・ラーンド
09. Respect Commander | リスペクト・コマンダー
10. Ezmerelda Steals The Show | エズメレルダ・スティールズ・ザ・ショウ
11. Get In The Mind Shaft | ゲット・イン・ザ・マインド・シャフト
12. What's Done Is Done | ホワッツ・ダン・イズ・ダン
13. Humoresque | ユーモレスク

OKMusic

「ソロ」をもっと詳しく

「ソロ」のニュース

BIGLOBE
トップへ