ミスFLASH2020グランプリにグラビア未経験の白宮奈々「グラビアで自分自身の名前を売りたい」

1月16日(木)18時45分 オリコン

ミスFLASH2020グランプリ・白宮奈々(23歳)(C)Deview

写真を拡大

 未来のトップアイドルを生み出す光文社主催のオーディション『ミスFLASH2020』のグランプリ発表会見が13日、渋谷・シダックスカルチャービレッジで行われ、グランプリの藤田いろは(25歳)、崎川みずき(21歳)、白宮奈々(23歳)、審査員特別賞の日野アリス(26歳)がお披露目された。このオーディションまでグラビア未経験だった白宮奈々は、「グラドルとして自分自身の名前を売って、自立したい」と意気込みを語った。

 舞台などで女優として活動していたが、今回のオーディションでグラビアに初挑戦した白宮。「競い合うのが苦手でしたが、グランプリを獲りたいという一心で挑戦しました。ここに立てているのは、私の想いを叶えようとしてくださった方々のお陰なので、少しでも恩返しできるように頑張りたい」と、彼女を支えたファンに感謝。

 今後については「やりたいことがたくさんあって、まだ定まらない」というが、「ミスFLASHの写真集とは別に、ソロで写真集を出せるぐらい、グラビアアイドルとして自分自身の名前を売って、自立したい!」とグラビア活動にも意欲。一方で「今回のオーディションでグランプリを獲るために控えていた演技のお仕事のほうも復活させて、両立したい。映画やドラマに出られる女優になりたいです」と希望を語った。

 なお、14日に発売されたFLASHを東京神保町・書泉グランデで購入した人を対象に、本人たちと直接会えるイベントを開催。1月17日(4人合同)、21日(藤田)、28日(崎川)、2月4日(白宮)、2月10日(日野)の5回の合計売上冊数が3500冊を超えた場合、完全新撮による「ミスFLASH2020写真集」が発売される。さらにソログラビア掲載号を1000冊以上売り上げると、今春発売予定のFLASH増刊号でソログラビアが掲載される。

◆グランプリ
藤田いろは(ふじた・いろは)
1994年11月5日生まれ、千葉県出身 T162・B82(D)W56H88 
1月23日〜26日、千本桜ホールで朗読劇『Greif2』に出演。

崎川みずき(さきかわ・みずき)
1998年3月1日生まれ、愛知県出身 T155・85(F)W60H85 
名古屋駅裏にある「名古屋アイドルシアター」を拠点とする「イノセントリリー」のメンバーとして活動中。

白宮奈々(しろみや・なな)
1996年10月16日生まれ、兵庫県出身 T151・83(F)W60H85 
舞台女優として活動。1月23日〜26日、千本桜ホールで朗読劇『Greif2』に出演。

◆審査員特別賞
日野アリス(ひの・ありす)
1993年2月4日生まれ 東京都出身 T164・B78(B)W58H88
ガールズバンド「Risky Melody」のボーカルとして活動中。

オリコン

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ