「この人は信用できる」『おしゃれイズム』で“ガチオタ”っぷりを披露した女優・広瀬アリスにオタクからも共感の声が!!

1月16日(月)22時0分 おたぽる

広瀬アリスの所属事務所・フォスタープラス公式サイトより。

写真を拡大

 15日放送のトークバラエティ番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、 モデルで女優の広瀬アリスがゲスト出演。彼女の“ガチオタ”っぷりに、ネット上で共感の声が上がっている。

 これまでにもテレビ番組などで“マンガオタク”であることや、その中でも青年マンガが好きであることを公言している彼女。昨年行われた自身のカレンダー発売イベントでは、付き合いたい人ランキング1位に『東京喰種トーキョーグール』(集英社)の金木研、2位に『キングダム』(集英社)の桓騎、3位にはアニメ版『時をかける少女』の千昭を挙げ、「2次元は裏切らない。ずっとかっこいいままですからね。その姿を追っていると切なくなるし」と、2次元愛を明かし話題に。

 番組では、そんな彼女がVTRで自宅の様子を紹介。本棚にはマンガがギッシリと並んでおり、壁に立て掛けられたコルクボードには、彼女が好きだという『ダイヤのA』(講談社)のストラップやキーホルダーといったアニメグッズが。「私が大好きなのは(小湊)春市くんです。大好き。めっちゃ好き。愛してる。わ〜かわいい」と興奮気味に紹介すると、今度は部屋の一角に飾られていたさまざまな作品のアニメグッズの中から『東京喰種』の金木研のiPhoneケースを手に取り、「私が一番付き合いたい人です!」と、コメント。その声色からも、いたって真剣な広瀬の思いがわかる。

 さらに、番組では彼女の休日に密着。旅行に行くときは移動中や部屋で読むために1泊で15冊、3泊だと3、40冊マンガを持っていくという彼女は、「ここは天国と言ってもおかしくないんじゃない?」と、行きつけのSHIBUYA TSUTAYAのマンガコーナーへ。「キタッ!!」と『東京喰種』の新刊を手に取ったり、『クダンノゴトシ』(講談社)『死役所』(新潮社)『学園×封鎖』(双葉社)『ハカイジュウ』(秋田書店)『ハイキュー!!』(集英社)など、青年マンガをポンポン手にとりカゴの中へ。「マンガに囲まれて死にたいって思いますね」とコメントするなど、そのマンガ愛はかなり深いようす。

 その後は、1人しゃぶしゃぶを楽しんだり、カラオケではオタクになじみの深い、テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』(フジテレビほか)のOP曲「Butter-Fly」を歌ったりと、オフを満喫。さらに、スタジオでは、妹である広瀬すずのからのムチャぶりに応え、ローラやYOU、やしろ優がやる芦田愛菜のモノマネを披露するなど、これまでの清楚で女の子らしいイメージを払拭するような意外な素顔を披露した。

 これには視聴者から「広瀬アリスめっちゃおもろい 笑」「いいキャラしてるわw」「好感度上がった」「元々好きだったけど、もっと好きになったわww」などと好意的な意見が寄せられており、“にわかオタク”な芸能人に厳しいオタクたちからも、「結構なガチオタでめっちゃ親近感www」「広瀬アリスとダイヤのAと東京喰種について語り合いたい友達になりたい」「この人は信用できる」と大好評だ。

 昨年6月にTwitter(@Alice1211_Mg)を開始した際には、早々に『東京喰種』の作者である石田スイのほか、アニメで金木研役を務めている声優の花江夏樹や小野賢章、浪川大輔といった声優をフォロー。頻繁に彼らの発言をリツートをしたり、「いいね」欄は、ほぼ石田スイと花江夏樹のツイートでうまっているなど(1月16日現在)、かなりの“ガチオタ”っぷりがうかがえる彼女。今回の番組出演をキッカケに、今後、マンガやアニメ関連の仕事が増えるかも……!?

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おしゃれイズムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ