「証拠ないのに金返せ」異物騒動で客減クレーム増の外食産業

1月16日(金)7時1分 NEWSポストセブン

 マスコミを騒がせているマクドナルドの異物混入問題。マクドナルドだけでなく、その他の外食チェーンでの異物混入も発覚しているが、外食産業の現場はどうなっているのだろうか。そこで、マックや他の外食チェーンでアルバイトをする人たちに、匿名を条件に話を聞いた。


A(都内マクドナルド勤務):でも、やっぱりこの騒動でかなりお客さん減ったよね。


B(都内のハンバーガーショップ勤務):お客さんは減ってるのに、クレームは増えた。写真とか混入していたものの現物とか、そういった証拠がないのにただ“金返せ”って。レシートもないから、本当に買ったかどうかもわからないですし、大きな声では言えませんが、仲間内では“ゆすりかもね”って話したりもしました。


C(都内マクドナルド勤務):便乗クレームはあったね。ファストフードなのに、3日経ってからなぜか手をつけていないままの商品を「交換しろ」って持ってきた人もいた。


D(関東近郊マクドナルド勤務):こんなときだからクレームは仕方ないところもあるけど、とにかく、人の歯とかが入ってるなんて想像したくない。


E(都内定食チェーン勤務):これまで何度も大きな事件になったから、さすがに賞味期限切れのものを出したりはしませんけどね。納品された数と販売個数がパソコンで管理されてるから、極端に余って期限が切れることもほとんどありません。


※女性セブン2015年1月29日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

外食をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ