『ヒガンバナ』の堀北真希 優等生役多かったので意外

1月16日(土)7時0分 NEWSポストセブン

『ヒガンバナ』で特殊能力を持つ刑事役を演じる

写真を拡大

 毒舌で無愛想、疲れをとるために悪臭ただようヤギ汁を飲み、周囲から迷惑がられてもそんなのどこ吹く風…。1月13日(水)スタートの『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(日本テレビ系)で、一風変わった刑事を演じる、堀北真希(27才)。


「これまでは優等生っぽい役柄が多かったので、お話をいただいたときはちょっと意外でした。えっ、私がこの役をやるの? って」


個性的で美女揃いの女性刑事ばかりが所属する捜査七課、通称“ヒガンバナ”で活躍する彼女には、特殊な能力がある。それは、【共感力】。


「他人の感情にシンクロすることができるんです。たとえば、殺人現場に行くと、そこに残っている犯人や被害者の声が聞こえてくる…」


 その能力を生かして、渚は数々の難事件を解決していくわけだが、堀北はこの能力に憧れるという。


「私自身もそうですけど、人って多かれ少なかれウソをつくでしょ? 言葉の裏にある本音を知ることができたらいいな、って思うんです。今、目の前でしゃべっている人が本当はどんなことを考えているのか、すごく知りたい」


 しかし、他人の本音を知ることは怖いことでもある。現に、堀北が演じる渚は、日常生活ではヘッドホンをして他人の本音が入り込んでくるのを遮断しているのだから。


「それでも、知りたいですね。その人の本質に触れたいから。たぶん、人間に興味があるんでしょうね、私は」


 そんな彼女の趣味は、読書。


「小説が好きなんですけど、作家やジャンルにはあまりこだわらず、書評で評判がいいものや、お友達に勧められたものなど、さまざまな本を読むようにしています」


 読んでいて「この役をやりたい!」と思うことは?


「それはないですね。仕事とはまったく切り離して読むから、楽しいんだと思います。なにもかも忘れて物語の世界にどっぷり浸かっている時間が幸せなんです」


 しかし、撮影に追われる今は大好きな本を手に取る時間もないのが現実。しかも1月スタートの連続ドラマは寒さとの闘いだ。


「ロケの時はポットに温かいスープを入れて持っていったりして、体が冷えないようにしています。また、撮影があるときはお弁当が多くなってしまうので、うちでごはんを食べるときは、なるべくお野菜を摂るようにしています。ホントはお肉が大好きなんですけどね(笑い)」


撮影◼︎佐藤佑一


※女性セブン2016年1月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヒガンバナをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ