『あさが来た』五代や『あすなろ白書』取手 2番目男の魅力

1月16日(土)16時0分 NEWSポストセブン

五代様ほか2番目男になぜかひかれる

写真を拡大

 年末の紅白歌合戦に登場した『あさが来た』の主要キャストたちのなかに、“あの人”の姿がなくてガッカリした人は多かったかもしれない。「五代様」こと、五代友厚を演じるディーン・フジオカ(35才)だ。


 視聴率も絶好調の『あさが来た』で最初にブームが巻き起こったのは、新次郎(玉木宏・36才)だった。「やさしくあさを見守るところが素敵」「へらへらしているようでしっかりしている」と注目が集まっていたが、「私は五代派」という人たちの思いが今、空前の“五代ブーム”を起こしている。


「最初は新次郎がよかったけど、今は五代様が出ないとつまらない。あさのことを仕事の面でしっかり支えて、困ったときには助けてくれる。しかも、あさのことを好きなのに、その気持ちを押し殺してやさしく接するあの笑顔…たまらない」(50代公務員女性)


「新次郎もいいけど、ふゆへの接し方を見ていると、ちょっとやさしすぎる。三味線のお師匠さんにだっていい顔をするし、五代の方があさに一途な感じ。新次郎から乗り換えればいいのに!」(20代会社員女性)


 ヒロイン・あさにしてみれば、五代様は夫・新次郎に続く2番目の男。思い出すのは、これまでの“2番目の男”の人気だ。


 まずは、『あすなろ白書』(フジテレビ系)の取手くん。1993年に放送され、木村拓哉(43才)が演じた取手治は、ヒロインを想い続け、名せりふ「おれじゃ、ダメか?」と、“あすなろ抱き”を生み出した。


 ドラマも映画も大ヒットだった少女漫画『花より男子』(集英社)では、小栗旬(33才)が演じた花沢類だろう。主人公・つくしへの恋心を自覚してからも、親友・道明寺を裏切れないと身を引くが、「おれ、本気で好きになった人とは結ばれないみたい」など、こちらも女心を狙い撃ちする名言に何度キュンとさせられたことか。


 朝ドラでも、『花子とアン』の朝市(窪田正孝・27才)もまた、花子への淡い恋心をひた隠しにしたよき幼なじみだった。


 ヒロインにはヒーローがいる。そして、ヒーローと2番目の男は友人だったりする。その隠すしかない想いを必死に抑え、でも時にむき出しにしたりしながらも、ヒロインを一途に見守り、支え、“いつでもおれがいる”“おれにすればいいのに”と叫ぶ。「なんでこっちにしないの!!」彼らを見てそう思ったことは1度や2度ではないだろう。



 作家の亀山早苗さんは、ヒーローと2番目の男の違いをこう説明する。


「ドラマや映画で描かれる2番手は“ヒロインのことをなんでも受け入れる男”です。そういう人がなぜ必要かというと、自分のことをさらけ出せるから。


 1番手には恋愛の先に結婚があったりして、自分のダメなところとかを見せたくない、見せられないと、仮面をかぶっちゃったりしますよね。でも2番手の男には見せられるから、愚痴を言っても許されるし、結果として癒される。そんな家族みたいな父親のようなやさしさに惹かれるんでしょうね」


 現実世界でも、“友達以上、恋人未満”の存在は貴重。時にその存在が1番手に“昇格”することももちろんある。


「“幸せの青い鳥はここにいたんだ”っていう大逆転パターンと、ずっと2番手のままでいる固定パターンがあります。でも固定パターンの方が切なくて萌えるのかもしれませんね。もし、近くにそういう存在がいたら、迷わず“キープ”した方がいいですよ(笑い)」(亀山さん)


※女性セブン2016年1月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

あすなろ白書をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ