杏、妻役でハリウッド吹き替えに初挑戦。父・渡辺謙には「コツを聞いてみたい」。

1月16日(金)20時55分 Techinsight

吹き替えでハリウッドデビューを果たした杏

写真を拡大


新婚ほやほや、毎日が幸せいっぱいの女優・杏が妻役として初めて声優に挑戦した。実際に妻となり、今の彼女に妻役というのはピッタリである。今回の声優でハリウッドデビューを果たした杏。ハリウッドスターである父・渡辺謙への報告は?

16日、東京・表参道スパイラルホールにて映画『エクソダス:神と王』公開記念イベントが開催された。作品をイメージした衣装をまとったモデル達のファッションショーの最後のトリに、モーゼの妻・ツィポラ役の声優を務めた杏が登場。エジプトを意識したという白い衣装は、スラッとした杏を引きたてた。

今回、吹き替え初挑戦となった杏。「記念すべき第一回目の作品にこの様な素晴らしい作品に出演でき光栄で嬉しい」と冒頭の挨拶で語った。台本の読み方も違い、「この記号は何ですか?」と聞くところから始まったという。「初めてなので」と監督にもアドバイスを求めたところ、「普通の芝居と変わらないから演技として声ではなく自分でやってくれ」と言われ「気持ち優先で気持ちを大事にやらせて頂いた」と振り返った。



妻役について結婚して変わったところがあるか質問されると、「(夫を)ちゃんと信じていますというのは力があるし、物語では妻から母親になっていくこと、子供や家族を守ったりする女性がどんどん強くなっていくのは参考にしたい」と自身に置き換えて語った。


ハリウッドデビューについて話が及ぶと、「(ハリウッドに)実際にいるという想像がつかないけれど、いつかいいお話があったら憧れはありますね」と微笑んだ。吹き替えの件はまだ父の渡辺謙には報告していないと明かした杏。「吹き替えをいくつかやっていたみたいなのでコツとかも聞いてみたい」と少しはにかんだ。渡辺謙と杏の親子共演は、いつかハリウッドで実現することだろう。楽しみに待ちたい。

巨匠リドリー・スコットが描く人類史上、最初で最大の<奇跡>のスペクタル・アドベンチャー。栄華を誇る巨大王国エジプトで王家の養子として育てあげられたモーゼ。やがて、自身がヘブライ人であるという出生の秘密を知ったモーゼは、エジプト人に虐げられているヘブライの民を救うため、エジプト王ラムセスに反旗を翻す。たった一人の男が<10の奇跡>に導かれ40万人を救い出す。観る者すべての魂を揺さぶる感動と興奮の物語。

映画『エクソダス:神と王』2015年1月30日(金)TOHOシネマズ日劇ほか 全国TOHOシネマズにてロードショー 3D/2D。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ハリウッドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ