カズレーザーに「好感度だだ下がり」の声 女性を“容姿の美しさ”だけでランキング

1月16日(月)21時49分 Techinsight

「みんな内面には魅力があるはず」フォローも忘れなかったカズレーザー

写真を拡大

“バイセクシュアル”を公言しているメイプル超合金のカズレーザーは、かつて「男女関係なく、とにかくルックスが“美しい”人が好み」と語っていた。今回「本気で付き合いたい女性芸能人」をランキングするという企画でその姿勢を貫くも、2位に選んだダレノガレ明美には“軽自動車の中のトップ”と表現するなど、カズレーザーの美の基準はハードルが高い。おまけにランキングも下位になればなるほど選定理由が身も蓋もないものになり、ネット上では「ボロクソ言い過ぎ」「見てるこっちが怖い」と非難の声があがった。

1月13日放送の『金曜★ロンドンハーツ 2時間スペシャル』の「うぬぼれ注意!オンナの自分番付」でカズレーザーが“本気で付き合いたい女性芸能人”をランキングしたところ、この企画では上位常連の磯山さやかや女性アナウンサーが下位に並ぶという波乱の展開となった。磯山を最下位の10位に選んだ理由は「太っちょはそんなに好きじゃない」「自分の中では相方(安藤なつ)とさほど差が無い太っちょ」と、“ふくよか”や“ぽっちゃり”ではなくストレートな表現でバッサリ切り捨てた。また竹内由恵、弘中綾香アナをそれぞれ7、8位に選んだ理由を「バラエティ番組にしゃしゃり出るアナウンサーは、あまり好きじゃない」と説明する。「(バラエティ番組への出演は)会社の業務命令だから仕方がないのでは?」と擁護の声にカズレーザーは、順位予想で自分を出演するタレントより上位に持ってくる時点で十分にしゃしゃり出ていると反論。アナウンサーの本分は喋りであり、タレントではないことをわきまえるべきだと言い切った。

このカズレーザーの選定理由に、彼女らのファンは猛反発したのはもちろんのこと「人の事をそこまでいわなくてもいいような…」「カズレーザー、少し面白いと思ってたけど、今日のロンハーだけで嫌いになった」「ボロクソ言い過ぎw 見てるこっちが怖いわ」「カズレーザーの好感度だだ下がりなんだけど」とあまりにもストレートな物言いに驚く視聴者が続出した。また“容姿の美しさ”だけで順位を決めたことにも、反感を覚えた方もいたようだ。

だがランキングの発表を終えたカズレーザーの言葉に多くの視聴者が納得し、彼を非難する声は激減することとなる。それは「みんな内面には魅力があるはずじゃないですか、人間だから。そこを想像してもしょうがない」と外見だけで順位を決めた理由が説明されたからだ。考えてみればメイプル超合金は昨年、ブレイクしたばかり。今回の女性出演者らとカズレーザーの共演回数は、それほど多くはないことは想像できる。内面で判断できるほどのデータを持ち合わせていない以上、シンプルに外見だけで評定したカズレーザーは至極当然ともいえる。反対に昨年9月に同番組の「うぬぼれ注意芸人リスペクト番付」で先輩芸人を尊敬している順にランキングした際にカズレーザーは、以前から一人一人の芸をつぶさに分析していたことが伝わる的確な選定理由を示して、視聴者、そして格付けされた本人をも唸らせていた。今回の“本気で付き合いたい女性芸能人”をランキングでも、論理的思考を崩さなかったカズレーザーを称賛する声は少なくないのだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

カズレーザーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ