出川哲朗、子役が発した“芸人がナーバスになるワード”に動揺 「めちゃアドリブきくね!」

1月16日(木)19時18分 Techinsight

出川哲朗、子役・道上愛弓の一言にタジタジ?

写真を拡大

正しい日本語やSNS、公共におけるマナーなどの常識をクイズ形式で学ぶ教養バラエティ特番『笑われるニホン人』(テレビ東京系)が1月15日に放送された。パネラーとして出演した出川哲朗は、自分の名前が用いられた問題「出川さんが都知事選に出馬するなんて〇も〇もない話だ」の回答をめぐり、進行を務めるカッパの姿をした“緑のおじさんパー助”(バナナマン日村勇紀)とその娘“パー子”(道上愛弓)からいじられてしまう。

パネラーの菊池風磨(Sexy Zone)が「出川さんが都知事選に出馬するなんて『根』も『葉』もない話だ」と見事に正解するが、当の出川哲朗はフリップに「『み』も『ふたん』もない」と答えていた。

MCのバナナマン設楽統から「そもそも出川さんが言いたいのは、『身』も『蓋』もないですよね」と言われて、出川は「え、そうなの? 『み』も『ふたん』もかと思ってた」とポカンとする。すると緑のおじさんパー助が「知ってる? みもふたんもないって?」と小学生のパー子に聞くと、彼女はしばし考えてから「税金を払いたくないって話じゃないですか?」と指摘したのだ。

「税金を払いたくない」とくれば昨年、チュートリアル徳井義実の申告漏れと所得隠しが発覚して「税金を払っていなかった」と報道されたことが思い出される。

出川も敏感に反応して「違う違う! めちゃめちゃ払う!」と全力でアピールし、緑のおじさんパー助は素のバナナマン日村に戻り「お願いだから払って!」と出川に訴えた。

すっかり動揺させられた出川は、「パー子ちゃん、めちゃめちゃアドリブきくね! すごいな!」と子役とは思えない道上愛弓のバラエティ対応力に感心するばかりだった。


徳井義実と言えば、相方の福田充徳が1月13日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)でゲストのローラや放送作家・野々村友紀子とともに、お笑いコンビ2丁拳銃・小堀裕之の自宅を訪れた時のことだ。

“ダメダメパパ”で知られる小堀のスケジュールノートをチェックした野々村が「大阪 直営」というメモを見つけて、「このご時世に何を文字にしてくれてんねん! 謹慎する?」と詰め寄った。

ローラも同調して「謹慎する?」と追い込んだところ、それまでほとんどしゃべらなかったチュート福田が「ちょっと、謹慎っていう言葉は止めてもらえますか」と口にして大ウケしたのである。

Twitter上ではいまだに「チュートリアル徳井義実 活動自粛w」、「脱税徳井義実」や「闇営業騒動で謹慎状態となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が、近々芸能活動を再開すると発表」、「そういえばレイザーラモンHGって闇営業して、いま謹慎中だよね」などの話題が見受けられる。

チュート福田が「謹慎」の言葉に拒絶反応を見せたのは、相方の件や吉本興業の“闇営業”による謹慎を思わせたからだろう。また出川哲朗が「税金を払いたくないのでは?」と言われて焦ったように“芸人がナーバスになるワード”が増えているようだ。

画像2、3枚目は『セントラル株式会社 2020年1月10日付Instagram「来週1月15日(水)18時55分〜テレビ東京『笑われるニホン人』に、緑のおじさんの愛娘パー子役で道上 愛弓が出演します!」』『伊藤隆行 2020年1月15日付Twitter「リアルガチな出川さんが ガチで ガチの意味を ガチ体験して探ります。」』のスクリーンショット

Techinsight

「出川哲朗」をもっと詳しく

「出川哲朗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ