みかん、通勤ラッシュの車内で暴言吐かれる 赤ちゃん連れでのベビーカー&キャリーバッグは無謀なのか

1月16日(木)13時31分 Techinsight

赤ちゃんを抱えて大荷物で電車移動したみかん(画像は『みかん 2020年1月15日付オフィシャルブログ「乗っちゃいけないの?!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

ものまねタレントのみかんは、8歳の男の子と2019年10月に誕生した女の子の2児の母親だ。そんな彼女が、都内で朝の8時に乳児を連れて電車に乗車した際、サラリーマンから暴言を吐かれたことをブログに報告している。あまりのショックに泣きそうになったというみかんに、コメント欄には「乗っていいんだよ、みんなの電車!」「すげームカつきます。ベビーカー優先だろ!」と励ましの声が届いている一方で、通勤ラッシュの時間帯に赤ちゃん連れでベビーカーとキャリーバッグを持っての電車移動にネット上では厳しい意見が少なくない。

15日のオフィシャルブログによると、普段のみかんは車で移動しているが、通勤の時間帯で道が混雑していることを考えて電車移動を選択し現場の最寄り駅でマネージャーと待ち合わせをしたという。夫に生後3か月になる長女を預けることができず、ブログの写真によると抱っこ紐で子供を抱え、仕事道具が入ったキャリーバッグとベビーカーをひいて朝の通勤客で混み合う電車に乗らなければならなかったようだ。

みかんは「ベビーカー優先の号車に乗ろうとしましたが、朝の8時台の通勤ラッシュだったから、激混みで待っても待っても混んでいて…」、「結局、乗れたのは3本後の電車でした」と明かしており、早めの移動は正解だった—と乗り込んだ車内でホッとしたのも束の間。あと1駅でマネージャーと待ち合わせの駅に着くところで、「邪魔なんだよっ!」と下車するサラリーマンに捨て台詞を吐かれたという。

この言葉を聞いて「なんて心が狭い人がいるんだろうと思った反面、とても辛く苦しい思いをして、その場にいるのが耐えられなかったです」と、赤ちゃんを連れて電車に乗るだけで罵声を浴びせられたことにみかんは愕然としたようだ。そして、子育て中のママが安心して電車を利用できるためにも「女性専用車両があるなら、“女性&ベビーカー&マタニティ&子供専用&車椅子”などなど、これらをひっくるめた号車を10何号車ある中で1つ作って頂きたい」と提言している。

このブログがネットニュースになると、「んー、乗ってもいいけど危険だね。みんな殺気立ってるし、混んでるのだから避けるべきだと思う」「毎日じゃないなら安全にタクシー使えばいいじゃん」「キャリーにベビーカーでラッシュの都内の電車…はっきり言って邪魔ですよ。というより赤ちゃんが危ない!」「子供は社会の宝だと思うけど、納税者の大半は満員電車で心身共に疲弊を余儀なくされるサラリーマンだよね。皆、分かってるとは思うけど、余裕なくしてるから思いやれないんだよ」と捨て台詞を吐いたサラリーマンは許されるべきではないが、都内の通勤ラッシュの時間帯の電車は赤ちゃん連れで大荷物を持っての利用はかなり危険—といった声が見受けられた。

既婚女性向けのネット掲示板でも「私、首都圏で2児を育ててる40代だけど、あの満員状態に抱っこ・ベビーカー・キャリーバッグで乗るなんて勇気ないわ」「都内の通勤ラッシュ時なんて、かろうじてドアのところに乗れてるオッサンが更に乗ってこようとするオッサンをホームに突き飛ばし返したりしてるくらい殺伐としてるのに、よく乗り込めたね」「日本の満員電車に赤ちゃんやベビーカーは邪魔だし危険だよね。子ども産まれてから数年は、電車は避けた方がお互い嫌な思いしなくていいのでは?」とみかんの行動に批判の声があがり、これには「わりとみんな冷たいねぇ、同じ母親なのに」「子連れいいじゃないの、女が女を攻撃してるけどさあ、子連れのどこが悪いわけ?」と驚きの声も寄せられている。

画像は『みかん 2020年1月15日付オフィシャルブログ「乗っちゃいけないの?!」「抱っこ紐、進化してるなぁー」』のスクリーンショット

Techinsight

「みかん」をもっと詳しく

「みかん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ