水原希子、アメリカ滞在で自分を認識「思っている以上に日本人的」

1月17日(火)16時16分 シネマカフェ

水原希子/英会話スクール「NOVA」新CM発表会

写真を拡大

女優でモデルの水原希子が1月17日(火)、都内にて開催された英会話スクール「NOVA」新CM発表会に出席。アメリカ滞在時のエピソードを語った。

イベントでは、世界に挑戦する水原さんが昨年秋に米ロサンゼルスに短期滞在した際、『モテキ』(2011年)や『バクマン。』(2015年)などを手掛けた大根仁監督がスマートフォン片手に7日間密着し、そこで収めた映像を基に製作したリアルドキュメンタリーCM全7篇の中から4篇が公開された。

水原さんと大根監督のタッグは、映画『奥田民生になりたいボーイ・出会う男すべて狂わせるガール』(2017年公開予定)以来2回目。水原さんは、大根監督について、「緊張感をまったく与えてこないといいますか。映画監督の方は怖い方が多いので、こんなに気さくに自分の想いを話せる人はなかなかいないなと思いました」と印象を言葉にした。

水原さんはロスではオーディションを受けたり、色々な人に会ったりしたそう。「(大根監督が)友達のような感覚で撮って下さる方だったので、自分にとっても、『貴重な瞬間を収めていただいたな』という感じがします」と目を輝かせた。「寝ぼけた顔も全部収められていたといいますか(笑)、本当にドキュメンタリーでしたので、全部、素の自分です」とも。

アメリカ人の父親と韓国人の母親を持ち、アメリカ生まれで兵庫県育ちの水原さんは、英語が得意ではないことを明かした。「アメリカの方は、自分が何をやっていて、どういう人と仕事をして、どういうものと関わって、どういうものが好きで、という自己アピールがものすごいのですね」と滞在中に実感したことを語った。続けて、「私もそれをしたいのですが、どうしてもシャイになってしまう部分がありまして、すごく難しかったです」と苦労したエピソードを回顧。「日本に住んでいるからこそ、遠慮みたいなものだったり、そういうものが自分の性格に合っていて、意外と自分が思っている以上に日本人的なそういう部分はあるのだなと感じた場面でもありました」とふり返った。

トークでは、そんな水原さんの英語力を試すクイズが出題されたが、水原さんは見事に正解。しかし、水原さんは、米ニューヨークの空港でトランジットをした際に荷物が到着せず、職員にその旨を英語で伝えようとしたところ、間違えて、“荷物を失くした”という意味で伝えてしまい、「あんたが悪いんじゃないの?」などと言われてしまった失敗談を告白。「赤っ恥をかきました!」と苦笑交じりに笑い飛ばした。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

水原希子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ