石川由依&下野紘&朴ロ美らが“駆逐”し合う!? 『モータル・エンジン』吹替キャスト

1月17日(木)12時15分 シネマカフェ

『移動都市/モータル・エンジン』吹き替えキャスト

写真を拡大

映画『移動都市/モータル・エンジン』の日本語吹き替えキャストがこのほど決定。都市が都市を喰い、互いに“駆逐”し合う弱肉強食の世界を舞台にした本作にふさわしい、石川由依、下野紘、朴ロ美ら豪華声優陣が決定した。



人々は地上を這う巨大な移動型都市に住み、ほかの都市を喰うことによって資源を奪いながら生活している、という世界を舞台に描く本作。世界を支配しようとしている巨大な移動都市ロンドンへの反撃を狙う主人公のへスター役には、「進撃の巨人」ミカサ・アッカーマン役などを担当する石川由依。何者かによってロンドンから放り出されヘスターと共に冒険の旅に出ることとなる青年トム役に、「Free!」「ダイヤのA」「クズの本懐」の島崎信長。

聡明で探究心に溢れたヴァレンタインの娘キャサリン役に、「Go!プリンセスプリキュア」「進撃の巨人」の嶋村侑。キャサリンと共にロンドンの秘密を暴こうと奮闘するベヴィス役を、「進撃の巨人」コニー・スプリンガー役、「うたの☆プリンスさまっ♪」来栖翔役の下野紘と人気声優たちに決定。

圧倒的に巨大な移動都市ロンドンに、勇敢に戦いを挑むキャラクターを演じるこの4人。石川さんは「設定を聞いただけでワクワクが止まりません!」、嶋村さんも「見所は沢山あって、アクションは勿論ですが、私は移動都市ロンドンの生活にとってもわくわくしました」とその内容がとても気に入った様子。

島崎さんは「戦闘員でも工作員でもない普通の青年であるトムが、何も分からぬまま危機的状況に巻き込まれるも、諦めずに必死に抗っていく姿がお気に入りです」と明かし、また役柄について下野さんは「べヴィスは少しひねくれてるけど、悪いヤツではないので、キライにならないでもらえると嬉しいです(笑)」と願った。

ほかにも、巨大移動都市ロンドンで圧倒的な権力を持つ男ヴァレンタイン役を、“声優界のレジェンド”大塚芳忠(「NARUTO -ナルト-」「亜人」)。へスターやトムをサポートする反移動都市同盟リーダー・アナ役を朴ロ美(「鋼の錬金術師」「進撃の巨人」)。へスターの命を狙う謎の追跡者シュライク役を大塚明夫(「攻殻機動隊S.A.C」「ブラック・ジャック」)が演じることも決定した。

様々なTVアニメに出演し、数々の吹き替えも担当するベテラン声優の3人は、「ヒューゴ・ウィーヴィングの益々渋く、益々ニヒル・・。この超大作の中でまた彼の演技に当てられるなんて夢のようです!」(芳忠さん)、「今回の役を頂けて本当に有難いなと思うと同時に、『恐れずに変わらなきゃいけないな、(演じていても)自由にならなくちゃ』と感じましたし、観てくださる方の心を、作品を通じて鼓舞することができたら嬉しいです」(朴さん)、「とても難しかった。呪いを背負った彼の思いをセリフに込め役になりきったので、まっすぐ物語へ入ってもらえると嬉しいです」(明夫さん)とそれぞれ思いを語っている。

『移動都市/モータル・エンジン』は3月1日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「エンジン」をもっと詳しく

「エンジン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ