注目ワード水曜どうでしょう・新作 ガンダム・ユニコーン 巨人・ヤクルト 首相・衆院解散 ロハス製薬・容姿の良し悪しで異性 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【アニメキャラの魅力】常陸院ブラザーズの性格の悪い方?双子の兄「常陸院光」の魅力とは?『桜蘭高校ホスト部』

キャラペディア1月17日(土)11時8分
画像:(C)葉鳥ビスコ/白泉社
写真を拡大
(C)葉鳥ビスコ/白泉社
 アニメ化・ドラマ化・映画化された人気作『桜蘭高校ホスト部』。セレブ学校に特待生として入学した主人公「藤岡ハルヒ」は、ひょんなことから「セレブ中のセレブ」が集まるホスト部に入部することになります。まっすぐで飄々としたハルヒと、いろいろと複雑な事情を抱えたホスト部の面々との日常や成長を描いた青春マンガです。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■双子の兄は小悪魔系いたずらっ子

 メンバーの中で、一年生はハルヒと双子の常陸院光・馨の3人です。同学年なので3人でいつもワイワイする姿は、ホスト部のお客様たちでなくてもほほえましく見てしまいます。それまで、常陸院ブラザーズは頭の良さや立場から、人を馬鹿にし、自分たち以外は認めることなく生きてきました。

 いたずら好きで、ボーイッシュなハルヒを皆が男に間違えたのに乗じて、男子の制服を着せて美少年にスタイリングしたり、ハルヒを意識する、ホスト部部長・須王環をからかって遊んだりするなど、いたずらや意地悪な言動をするのが大好き。ヒマになるとわざとトラブルを起こすなど、小悪魔というよりかなりのドSです。

 特に光はその傾向が強く、ちょっとお子さま。思い通りにならないことがあると、綿密なシナリオを作り、兄弟げんかをするフリなどをして周囲を巻き込み、最終的にいうことをきかせてしまうなど、我を通すためならなんだってやります。

■執着心と嫉妬深さ

 双子でいたずらをしても、主導するのはいつも光。ホスト部に来るレディーたちは、常陸院ブラザーズを「小悪魔系」とちやほやしますし、好きになってくれる子もいるのですが、はたして本当に自分を好きなのか?馨でもいいんじゃないのか?過去の恋愛でのトラウマから、いつも相手を試しては傷つけ、自分も傷つくハリネズミなのです。本当に光を見てくれる、愛してくれる人を探しているのかもしれませんね。

 唯一すぐ見分けが付き「光の方が性格悪い」と、悪口ながらも二人を見分けたハルヒに恋心を抱くなど、一度心を許したらその執着心はハンパではありません。滅多に懐かない子猫がなついたようなかわいらしさです。馨にしか心を開かなかった光が、ハルヒと仲良くしたり、モリ先輩(銛之塚崇)に相談したりできる日がくるなんて・・・。母の気持ちで涙が出そうです。

 同じであることにこだわるのをやめて、髪色をかえてイメチェンしたり、振られた相手であるハルヒと、大好きな先輩・環との間を取り持ったり、だいぶ人間として成長してきました。作者様には、是非、スピンオフなどで彼も幸せにしてほしいですね。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:藤原ユウ(キャラペディア公式ライター)

(C)葉鳥ビスコ/白泉社
(C)EggMode.inc

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「性格」をもっと詳しく

注目ニュース
アニメ『けものフレンズ』たつき監督が“降板”発表 ファンに動揺広がる オリコン9月25日(月)20時15分
テレビアニメ『けものフレンズ』のたつき監督が25日、自身のツイッターを更新し、同アニメのプロジェクトから外れることを報告した。[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
ナゾの「女性ヒーロー隊員」にネットざわつく もしかしてアノ声優? ダイドーに聞くと... J-CASTニュース9月25日(月)16時25分
ダイドードリンコの「ダイドーブレンド」ブランドの新しいテレビCMに、チラリと登場する「女性ヒーロー隊員」が誰なのか、ネットがざわついている。[ 記事全文 ]
NHK朝ドラ「わろてんか」業界のタブーに抵触か? まいじつ9月25日(月)7時0分
gandhi/PIXTA(ピクスタ)10月2日から朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)がスタートする。[ 記事全文 ]
オードリー春日のイベント取材が「番宣だった!」無駄足踏んだマスコミ大激怒 週刊女性PRIME9月25日(月)15時30分
TBSの“宣伝活動”が、説明不足で芸能マスコミのひんしゅくを買っている。「タレントには非がまったくないんですが、あの宣伝のやり方はだまし討…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア