BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

高畑充希『ひるね姫』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニング招待作品に決定!

キャラペディア1月17日(火)9時51分
画像:(C)2017 ひるね姫製作委員会
写真を拡大
(C)2017 ひるね姫製作委員会
1月16日(月)、札幌グランドホテルにて「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」<3月2日(木)〜3月6日(月)開催>のラインナップ記者会見が開催され、『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』がオープニング招待作品として上映されることが発表された。本年度の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は全86作品の上映、企画、イベントの実施を予定しており、注目作品がこぞって上映される中、その主軸となる招待作品部門のオープニングを飾る。

物語の主人公はいたって平凡な女子高生。特技といえばどこでも眠れることくらい。そんな彼女が、大きな冒険の末に見つけた小さな真実とは・・・。今より少し先の未来を舞台に、夢と現実がスリリングにクロスするロードムービー。

ココネを演じるのは連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインほか多くのドラマ、映画で注目を集める女優の高畑充希。彼女にとって今回がアニメーション映画初参加となる。その他、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった実力派が揃った。また、本作は、「AI」「ネットワーク」「未来への願い」と、これまで神山監督が描いてきたさまざまなモチーフも重要な要素として盛り込まれており、その点で、本作は神山監督のキャリアの集大成ともいえる。主題歌は“夢”と“去った人への想い”を歌ったかの名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」(歌:森川ココネ)。

■ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017招待作品ラインナップ

【オープニング招待作品】
『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』

【クロージング招待作品】
『哭声/コクソン』※第37回青龍映画賞 監督賞、男優助演賞、人気スター賞受賞

【その他招待作品】
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』/『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』/『blank13』/『たたら侍』/『KOKORO』/『心に吹く風』

(C)2017 ひるね姫製作委員会
(C)EggMode.inc

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ひるね姫」の関連トピックス

関連ワード
映画に関するまとめ
注目ニュース
切らない選択をした麻央さん 「できれば3人目」という思い NEWSポストセブン6月29日(木)7時0分
乳がんのために亡くなった小林麻央さん(享年34)が、自身の体に初めて異常信号を感じたのは、2014年2月のことだった。[ 記事全文 ]
さんまの「無茶ぶり」にプロサッカー選手・内田篤人が思わず発した「苦言」 アサ芸プラス6月29日(木)9時58分
冗談だとしても無茶ぶり過ぎ!?6月24日に放送されたバラエティ番組「金曜プレミアムさんまのまんま初夏に大笑いしましょかSP」(フジテレビ系…[ 記事全文 ]
20代は恋愛厳禁、30代から「早く結婚して安心させて」? 身勝手なエゴを押し付けられる女性声優の悲哀 messy6月29日(木)3時0分
NMB48の須藤凛々花さん(20)の結婚発表騒動によって、AKBグループをはじめとするアイドル業界の「恋愛禁止ルール」の是非が問われている…[ 記事全文 ]
勝間和代、藤井聡太四段29連勝は「偶然の可能性」 異常なフィーバーへの嫌気がアンチ発言を生む? J-CASTニュース6月28日(水)17時26分
プロ将棋公式戦で前人未到の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)に対し、お笑いタレントの大竹まことさん(68)が「調子に乗らすな」「誰かシ…[ 記事全文 ]
香取慎吾に反町隆史が出した『相棒』犯人役オファーの行方 週刊女性PRIME6月29日(木)4時0分
6月17日の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で、映画監督デビューを果たした水谷豊に「夢、夢は叶いますか?」と尋ねた香取慎吾。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア