波瑠、女子高生姿に!成田凌との壮大な“30年愛”を描く「家政婦のミタ」遊川和彦オリジナル映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』本予告

1月17日(金)8時0分 フィールドキャスター


運命で結ばれた男女の30年を3月だけで紡ぐ、激動のラブストーリー
すれ違いながらも惹かれ合った男女が迎える運命にきっと涙する——

「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」など、多くのヒットドラマを生み出してきた稀代の天才脚本家・遊川和彦による第二回監督作品『弥生、三月 -君を愛した30年-』が3月20日(金)に全国公開。

この度、本作の最新予告が解禁!
運命的な出逢いから30年、すれ違いながらも運命を信じたふたりの男女。
30 年間、3月だけで紡ぐ誰もみたことのないラブストーリーの全貌が明らかに。

「同期のサクラ」で日本中を感動に包んだ遊川和彦が贈る、斬新かつ緻密なギミック、そしてあらゆる世代の心に刺さる感涙必至な本作に期待。

<ストーリー>
1986年3月1日。運命的に出会った弥生(波瑠)と太郎(成田凌)。
「もし、40過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ!」
互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラ(杉咲花)を病気で亡くした事で想いを伝えられずに、別々の人生を選んだ二人。
子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見付け子供が産まれ…。
しかし人生は順風満帆では無く、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者を無くし、あの時、抱いていた夢は断たれてしまう。
希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていた時、30年の年月を超えて、亡き友・サクラからのメッセージが届く—。

脚本・監督:遊川和彦
出演:波瑠 成田凌 杉咲花 岡田健史 小澤征悦黒木瞳
製作:電通 東宝
配給:東宝
©2020「弥生、三月」製作委員会

弥生と太郎の運命の歯車はどう動く…!?

フィールドキャスター

「家政婦のミタ」をもっと詳しく

「家政婦のミタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ