注目ワード中国・メディア 喫煙・朝日と東京 TOKIO・松岡昌宏 海自護衛艦・神奈川・横須賀基地 ロハス製薬・容姿の良し悪しで異性 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「日本のテレビは赤ちゃん仕様」「視聴者が成長しない」 杏野はるなの辛口批判にネットで大喝采

J-CASTニュース1月17日(木)15時30分

   「タレントが出てきてキャーキャー言っているだけ」という番組が目立つ日本のテレビにタレントの杏野はるなさん(24)がブログで疑問を呈した。



   日本のテレビを「離乳食」にたとえ、赤ちゃん仕様では視聴者が低レベルのまま成長しないと批判を展開している。ネットでは、「いいこといってる」などと賛同する意見が相次いだ。


動物を見せたいのか、タレントを売りたいのか

   「日本はドキュメンタリーとバラエティの差がなさすぎる」——杏野さんは2013年1月16日のブログでこうこぼした。動物番組と銘打っていても、「タレントが出てきてキャーキャー言っている」だけ。「本当にタレントってそこに必要?動物を映したいの?タレントを映したいの?」「動物をフィルターにしてタレントを売りたい?」と疑問を感じるそうだ。


   一方、杏野さんが「動物番組の世界最高峰」というナショナルジオグラフィックやアニマルプラネットには、タレントは出ないし、進行役は1人。だが、美しい映像とシンプルなナレーションだけで内容のよさが十分に伝わるという。


   そして、2013年1月13日放送のNHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」に触れ、海外では「日常的なレベル」の同番組がこんなに話題になったことで、日本の「通常の地上波がいかにレベルが低いか見えてしまった」と書いた。ただ、今回のNHKスペシャルは学術的な価値に重点をおいており、「日常的なレベル」という言葉には異を唱える人も少なくない。


   日本の地上波の番組の質の低さについては、批評家の東浩紀さんが「いいこといってる」とツイッターで賛意を示したほか、ネットでも「その通り」と同意する声が相次いだ。


   反響を受け、杏野さんは17日にもブログを更新。今の地上波番組を赤ちゃん向けに限界まで食べやすくした「離乳食」にたとえ、食べていては成長が遅れてしまうしそもそも大人用でもない、と更なる批判を展開した。


「今の日本のテレビは、これでもか!っていうくらい視聴者に親切なのです。もうわかったよ、というものもわざわざ物撮りしてテロップ、ナレーションまで入れる。コマーシャル開けに、また数分戻ったような内容をくり返す。実に、赤ちゃん仕様なのです」

「いつまでもこんなに甘い子供向けの内容ばかりやっていては視聴者のレベルも上がりません」

子どもへの教育と言う観点からも「責任」がある

   「それでもいいじゃん? 甘くて、ぬるくてなにがいけないの?」という見方にも杏野さんは強く反論する。地上波のテレビは、子どもへの教育と言う観点からも「責任」があるそうだ。


   杏野さんによると、子供たちにとっては地上波のテレビはまだまだメインの娯楽コンテンツ。ともすれば、学校、ネットよりも影響があるという。その上で、こう訴えた。


「その影響があるコンテンツが、ただワイワイ芸人、アイドルを並べてトークするだけのようなものでいいのでしょうか?適当に食べ物をレポートして普通に芸人が食べているだけで良いのでしょうか?」

   杏野さんは自称「ゲームアイドル」のタレントで、AKB48批判など、本音を包み隠さずブログに書き込むことでたびたび「炎上」していた。今回の投稿についても「干されるのでは」と心配する声が寄せられているそうだが、「私は自分が思う事を言って仕事がなくなる世界なら別にタレントと言われなくても構わないです。ニセモノのヤラセの言葉を皆様に伝える事だけはしたくないだけ」と応えている。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

J-CASTニュース
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「杏」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア