日テレ特番「封印された細川家の秘宝」 細川元首相出馬で「お蔵入り」は確実

1月17日(金)19時17分 J-CASTニュース

市川海老蔵さん(2013年12月撮影)

写真を拡大

   「脱原発」を旗印に細川護煕元首相(76)が東京都知事選への出馬を表明し、告示まであと1週間を切った。



   正式に立候補すれば、ある収録済みテレビ番組が「お蔵入り」する。番組タイトルは「封印された細川家の秘宝 信長59通の手紙を解読せよ」(日本テレビ)で、歌舞伎役者の市川海老蔵さんが司会を務めた。


海老蔵「放送どうなるんだろ…」

   都知事選は2014年1月23日告示、2月9日投開票で、細川氏が出演予定のテレビ番組は1月31日放送のため選挙期間中にあたる。立候補が正式に決定した場合、公職選挙法に抵触する可能性があるため、テレビ局は放送を見送るのが通例だ。特に今回の番組は、「細川家」を特集する内容であり、「お蔵入り」になるのはまず確実だ。


   報道などによると、日本テレビ「開局60周年」を記念した特別番組で、肥後細川家に伝わる古文書を解読して知られざる歴史を掘り起こす。肥後細川家18代当主でもある細川氏が出演するほか、海老蔵さんが初めて司会を務める。


   熊本藩主だった細川家に伝来した美術品や文学作品の写本、古文書などの歴史資料を所蔵する「永青(えいせい)文庫」(東京・文京区)を紹介し、熊本大学文学部「永青文庫研究センター」の古文書解読活動をドラマで再現する。宮本武蔵「五輪書」や千利休が作った茶杓などの品々が映し出されることから、番組への期待が高まっていた。


   海老蔵さんは2013年末にブログで、


「細川護煕様と会うんです笑 なぁ〜んて 貴重な物を見させていただけるそうです」

と報告したり、収録中に織田信長直筆の手紙や宮本武蔵「五輪書」の写真を掲載して、「まさか本物が見れるとは笑」と書いたり大はしゃぎだった。さらに陶芸家でもある細川氏から手製の「井戸茶碗」が届き、「Xmasプレゼント届いた涙…」と喜んでいた。


   ところが、突如浮上した都知事選への立候補の可能性だ。海老蔵さんは1月10日のブログで「都知事選 細川さん出るのね 放送どうなるんだろ…って独り言笑」と心配している。


放送は選挙終了後に延期?

   また日本テレビにとっては、すでに番組の告知を打ってしまったのが痛手だ。1月3日放送の「市川海老蔵にござりまする 疾風怒濤の"KABUKI"者」で、宣伝を兼ねて細川氏と海老蔵さんとの対談を放送し、タイトルとロゴ、放送時間を発表した。細川氏が立候補を正式表明すれば、番組差し替えに追われることになる。


   番組を楽しみにしていた人々からは、


「おいおいこの番組観たいんだが」「お宝は見たいんだけど(汗)」「選挙期間中はともかく、落選後なら放映できるんじゃないの?」

などのツイートが出ている。


   予定通りに放送されるのかJ-CASTニュースが日本テレビに問い合わせると、「近日中に会見があるので検討中です」(宣伝部担当者)ということだった。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

秘宝をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ