【今ハリウッドが最も注目!】『フリーバッグ』フィービー・ウォーラー=ブリッジの成功をたどる!

1月16日(木)18時31分 海外ドラマboard

賞レース席巻の最強ドラマ『フリーバッグ』で主演・クリエイターを務め、一躍「時の人」となったフィービー・ウォーラー=ブリッジ。20代は仕事を見つけることが困難だった彼女が、ハリウッドが最も注目する人物になるまでの軌跡をたどります!

賞レース席巻!もはや無敵の『フリーバッグ』

SANTA MONICA, CALIFORNIA - JANUARY 12: Brett Gelman, Isobel Waller-Bridge, Phoebe Waller-Bridge and Andrew Scott attend the 25th Annual Critics' Choice Awards - Press Room at Barker Hangar on January 12, 2020 in Santa Monica, California. (Photo by David Crotty/Patrick McMullan via Getty Images)

2019年のエミー賞コメディ部門を総なめし、2020年ゴールデングローブ賞で作品賞・主演女優賞を獲得するなど、圧倒的な強さを誇る英ドラマ『Fleabag フリーバッグ 』。(Amazonプライムビデオで配信中)

同作は、ロンドンでカフェを営む主人公「フリーバッグ」がカメラに向かって語りかける手法で、彼女の盛んな性生活、家族問題、仕事、そして内に秘めた悲痛までを、皮肉とユーモアたっぷりに描く。

笑いと悲しみを絶妙なバランスで融合させ、女性目線でタブーを描いた同作は、批評家・視聴者から大きな称賛を浴びた。

『フリーバッグ』の生みの親、フィービー・ウォーラー=ブリッジは多才!

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - JANUARY 05: Phoebe Waller-Bridge arrives at the 77th Annual Golden Globe Awards attends the 77th Annual Golden Globe Awards at The Beverly Hilton Hotel on January 05, 2020 in Beverly Hills, California. (Photo by Steve Granitz/WireImage)

そんな『フリーバッグ』で企画・製作総指揮・脚本・主演までを務めたのが、現在34歳の天才フィービー・ウォーラー=ブリッジだ。

名だたるセレブ達も絶賛!

リース・ウィザースプーンナタリー・ポートマン、マーゴット・ロビー、テイラー・スウィフトなど数多くのセレブが『フリーバッグ』にハマり、声を揃えてフィービーを大絶賛。

オバマ元大統領も、2019年のベストTVドラマTOP 3に同作のシーズン2を選んだほどだ。

テレビ界・映画界からオファー殺到!

フィービーは他にも、大ヒットシリーズ『キリング・イヴ』の製作総指揮を務め、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』へ出演。

今後は、脚本を手掛けた『007』シリーズ新作、HBOやAmazonで新プロジェクトも控えており、今やハリウッドで最も注目を浴びる存在だ。

ここまでの大成功を収めた彼女は、一体どのような生い立ちで、どんなキャリアを積んできたのだろうか? 次のページより、フィービー・ウォーラー=ブリッジという人物の軌跡をたどっていく。

由緒正しい家柄で育ったお嬢様

LONDON, ENGLAND - FEBRUARY 23: (EMBARGOED FOR PUBLICATION IN UK TABLOID NEWSPAPERS UNTIL 48 HOURS AFTER CREATE DATE AND TIME. MANDATORY CREDIT PHOTO BY DAVE M. BENETT/GETTY IMAGES REQUIRED) Cast member Phoebe Waller-Bridge attends an after party celebrating the Gala Performance of Noel Coward's 'Hay Fever' at the Royal Horseguards Hotel on February 23, 2012 in London, England. (Photo by Dave M. Benett/Getty Images)

1985年イギリスのロンドンで生まれたフィービーは、両親ともに準男爵の家系という上流階級の出身。父親は電子取引プラットフォーム「Tradepoint」の共同設立者であり、母親はロンドンのリヴァリ・カンパニーに勤めていたそうだ。(現在は離婚している。)

ゆえに、フィービー自身も、『フリーバッグ』の主人公もお金持ちの家庭出身であることから、同作を「裕福な女性(posh girls)向け」と呼ぶ批判的な意見も…。これに対し、フィービーは「著者の出身や、いかに著者が特権を持っているかを基にストーリーを批判するのは、そのストーリーの力を弱まらせてしまう。」と作品を擁護している。

名優の登竜門!イギリスの王立演劇学校へ進学。

そんな彼女が才能を発揮し始めたのは、中学生のころ。The Guardianによるとフィービーは、この時から劇で主役を演じ、人々を笑わせ、そしてタブーを扱うことにより喜びを覚えていたそうだ。

そして、のちにイギリスの名門、王立演劇学校(RADA)へ進学。フィービーはその当時について、「私は自分がすごく良い役者だと思ってRADAへ行ったんですが、勘違いも甚だしいということが分かりました。」と明かしている。

今では信じられないが、20代は仕事を見つけるのが大変だったらしく、その苦労が脚本を書くきっかけに結びついたようだ。

実は『ダウントン・アビー』のオーディションに落ちていた!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTg2ODI2NTUwN15BMl5BanBnXkFtZTgwMTMwMzU0MjE@._V1_SY1000_CR0,0,913,1000_AL_.jpg

フィービーが20代のころ人気だったイギリスドラマといえば、『ダウントン・アビー』。実は、彼女も同作のオーディションに挑戦していたそうだ。
数年間コメディのオーディションばかり受けていた彼女にとって、シリアスな役を演じるのは楽しみだったそう。米Hollywood Reporterに明かしている。

「“ベストを尽くそう。誠実で胸が張り裂けるような演技をしよう。”と思いながら入りました。」と振り返ったフィービー。

しかし、結果的に監督を思い切り笑わせることになり、「こんなに面白い人だとは思わなかった」と言葉をかけられたものの、結局役をゲットすることができなかったようだ。

一人芝居として『フリーバッグ』が誕生!

LONDON, ENGLAND - JULY 12: Phoebe Waller-Bridge, Vicky Jones and Tuppence Middleton attend the press night after party for "The One" at Soho Theatre on July 12, 2018 in London, England. (Photo by David M. Benett/Dave Benett/Getty Images)

王立演劇学校を卒業後すぐ、舞台演出家のヴィッキー・ジョーンズと出会ったフィービー。2人はクリエイティブな面で意気投合し、DryWriteという劇団を設立。この出会いがなければ、もしかしたら『フリーバッグ』は存在しなかったかもしれない。

2013年、DryWriteはクラウドファンディングを利用して、フィービーが脚本・主演を務める一人芝居『フリーバッグ』の資金集めをスタート。こうして3,955ポンド(約60万円)の資金を手に入れ、舞台版『フリーバッグ』が誕生。

同年、フィービーは演劇界のアワードで4つの賞を受賞し、ここから彼女のキャリアは飛躍することとなる。

ドラマの仕事が増え、『フリーバッグ』はTVシリーズに。

『Crashing』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZTMxYWUyZDMtZjQ0ZS00ZjhlLWIyNmQtNzE1NmY0MTM2YTBkXkEyXkFqcGdeQXVyODQ3MjM4MTc@._V1_.jpg

2015年、フィービーは人気ドラマ『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』シーズン2に出演。さらに、コメディドラマ『Crashing』の製作総指揮・脚本・主演を務め、 英国アカデミー・テレビジョン・クラフト賞のベスト・ブレイクスルー・タレント賞にノミネートされる。

『Fleabag フリーバッグ』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTcwNjUzNjAxN15BMl5BanBnXkFtZTgwNjYxNTIwMDI@._V1_SY1000_CR0,0,1333,1000_AL_.jpg

そして2016年、英BBCでTVシリーズ版『フリーバッグ』の放送がスタート。アメリカではAmazonが配信権を獲得し、米批評家サイトRotten Tomatoesにて100%という最高スコアを叩き出した。

2019年にはシリーズ完結となるシーズン2がリリースされ、エミー賞やゴールデングローブ賞を含む21もの賞を受賞。(現在も更新中。)
コメディ・シリーズ界において、2019年は『フリーバッグ』、そしてフィービーの年だったと言っても過言ではない。

『キリング・イヴ』も大成功!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BM2UwNjYzYTQtOGU3ZC00ZWY3LWIwYjItNTg0MmIzNTgzNGRkXkEyXkFqcGdeQXVyMTAyNjg4NjE0._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

フィービーがアメリカで成功を収めたシリーズは、『フリーバッグ』だけではない。冒頭でもふれたが、BBCアメリカの大ヒットスリラー『キリング・イヴ』で、脚本・製作総指揮を務めたのも彼女だ。(シーズン2ではエグゼクティブプロデューサーとして従事。)本作も高い評価を受け、毎年エミー賞、GG賞などのアワードで多数ノミネート・受賞を果たしている。

The Guardianによると、今年リリースされるシーズン3にはフィービー自身も出演するらしく、ジョディ・カマー演じる殺し屋のヴィラネルに殺される役を自分のために書いたそう。どんなキャラクターになるのか、今から楽しみだ。

『スター・ウォーズ』のスピンオフ第2弾に出演!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjMyNzU5MTQ1OF5BMl5BanBnXkFtZTgwMzkzNTE1NTM@._V1_SX1777_CR0,0,1777,744_AL_.jpg

また、2018年には大作映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』へも出演。L3-37役を演じたフィービーだが、実はオーディションの時点で『スター・ウォーズ』を観たことがなく、ドロイドが何かわからなかったことを明かしている。

『007』シリーズ25作目の脚本家に抜擢!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzBlNDU3OTEtMzZiNy00NzNmLWEzYzMtMTk0YzFjZWQyYjFmXkEyXkFqcGdeQXVyMTkxNjUyNQ@@._V1_.jpg

さらには、今年公開の『007』シリーズ25作目、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の脚本家にも抜擢されている。それも、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがフィービーを推薦したそうだ。

彼女は本当に素晴らしい。僕は『フリーバッグ』シーズン1の時から、彼女に目をつけていました。その後、『キリング・イヴ』と彼女の仕事ぶりを見て、彼女のボイスが欲しくなったんです。

出典元:https://www.hollywoodreporter.com/

HBO、Amazonでプロジェクト進行中!

『フリーバッグ』は2シーズンで完結となったが、テレビ界での活躍もまだまだ終わらない。

HBOは、フィービーがエグゼクティブ・プロデューサー/キャストとして参加する『Run』のシリーズオーダーを発表。主演は『アンビリーバブル たった1つの真実』のメリット・ウェヴァーで、ヴィッキー・ジョーンズが脚本・エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

また、2019年9月には、Amazonスタジオと年間2000万ドルという巨額の契約を結んだことが報じられている。

NEW YORK, NY - MAY 2: Phoebe Waller-Bridge attends Special Screening Of Season 2 Of Amazon's "Fleabag" at Metrograph on May 2, 2019 in New York City. (Photo by Paul Bruinooge/Patrick McMullan via Getty Images)

2019年の顔となったフィービーだが、才能あふれる彼女の勢いは、今後も止まることはないだろう。日本でも、いち早く彼女の新作が見られることを願うばかりだ。

フィービー・ウォーラー=ブリッジが主演・脚本・製作総指揮を務めた『Fleabag フリーバッグ』は、Amazonプライムビデオで配信中。

Amazon.co.jp: Fleabag フリーバッグ シーズン1 (字幕版)を観る | Prime Video

参照記事:

Phoebe Waller-Bridge: 'I have an appetite for transgressive women' | Television & radio | The Guardian

Phoebe Waller-Bridge defends Fleabag from poshness criticisms | Television & radio | The Guardian

Fleabag star Phoebe Waller-Bridge was just too funny for Downton Abbey | News | The Sunday Times

Comedy Showrunner Roundtable: Judd Apatow, David Mandel on Worst Pitches and Why Trump Should Get Credit on 'Veep' | Hollywood Reporter

‘Solo’ Breakout Phoebe Waller-Bridge Didn’t Know What a Droid Was | IndieWire

'Fleabag' Creator Phoebe Waller-Bridge on Writing Bond 25 and Her Secret New Movie | Hollywood Reporter

海外ドラマboard

「ハリウッド」をもっと詳しく

「ハリウッド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ