「フレームアームズ・ガール」最終話のフレズヴェルク=インバートが立体化

1月17日(水)19時33分 マイナビニュース

コトブキヤが展開するオリジナルロボットのプラモデル「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ「フレームアームズ・ガール(FA:G)」より、「フレズヴェルク=インバート」が立体化。「フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート」(7,344円/税込)として、2018年6月に発売される。

「フレームアームズ・ガール(FA:G)」は、既存の「フレームアームズ」シリーズを『ガールズ&パンツァー』などでキャラクター原案を担当した島田フミカネ氏が美少女化を手がけ、新たなプラモデルとして展開。「フレームアームズ」の特徴である各部の複数の3mm径の穴とPVC製の手首により、膨大なM.S.Gのウェポンシリーズや「フレームアームズ」シリーズの武器や外装を使用することもできる。

「フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート」は、「フレズヴェルク=アーテル」の仕様を元に、成形色の変更で劇中登場カラーを再現。肌色については劇中準拠のものと、「フレズヴェルク=アーテル」と同じ肌色が2種付属する。フレズヴェルクの最大の特徴であるクリアパーツは赤色偏光メッキを使用。大型武器「ベリルスマッシャー」が付属し、大型武器を支える腕ラックパーツも追加されている。また、通常状態、サイドワインダー形態、エアバイク形態の3形態への変形が可能。

(C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project

マイナビニュース

「コトブキヤ」をもっと詳しく

「コトブキヤ」のニュース

BIGLOBE
トップへ