注目ワードジャニーズ事務所・デビュー 小室哲哉・安室奈美恵 慰安婦・韓国 浅野ゆう子・結婚 ファッション・モデル 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

イ・ハイ、ゴールデンディスク新人賞の栄誉...「オジさんファンたち!ずっと愛してね〜」

Mnet動画1月17日(木)13時54分

歌手イ・ハイがデビュー4ヶ月で新人賞を獲得し『恐ろしい新人』であることを証明した。

イ・ハイは16日、マレーシア クアラルンプール、セパンインターナショナルサーキットで開かれた『サムソン ギャラクシー 第7回ゴールデンディスク授賞式 IN クアラルンプール』の二日目のイベントで音源部門新人賞を受賞した。

イ・ハイは「多くの方に愛していただいておかげでこんなに素晴らしい賞を頂けました。エネルギッシュに活動してお返しします」「オジさんファンがたくさんいます。これからも変わらず愛してください」と愛きょう溢れる受賞の感想を伝えた。

この日イ・ハイはデビュー曲『1,2,3,4』と共に、SBS『K-POP STAR』出演当時に歌って話題を集めた英国歌手Pixie Lottの『Mama Do』を熱唱し現地ファンたちを魅了した。

この日の大賞は『GANGNAM STYLE』で全世界でシンドロームを巻き起こしたPSY(サイ)に輝いた。米国活動で授賞式会場に参加できなかったPSYはスクリーンを通じて受賞の感想を伝えた。PSYは2001年デビュー後、ゴールデンディスクのステージに上がるのは今回が初めてだ。

またBIGBANGを代表し参加したG-DRAGONは4冠王になった。BIGBANGが『FANTSTIC BABY』で、G-DRAGONがソロタイトル曲『CRAYON』で音源本賞を受賞した。また全世界のファンたちの投票で選定されるMSNインターナショナルアワードもBIGBANGに輝いた。最高のK-POPアイコンに与えられるセシ人気賞はG-DRAGONが獲得した。

この日の授賞式はFTISLAND(エフティーアイランド)のイ・ホンギとSISTAR(シスター)ダスムのMCで3時間行われた。マレーシアのファンたちはK-POP最高のスターが受賞する瞬間を共にし、惜しみない声援を送った。

写真=JTBC提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Mnet動画
注目ニュース
小室哲哉 妻・KEIKO介護の陰で看護師との裏切り行為 文春オンライン1月17日(水)16時0分
インタビューに応じる小室©文藝春秋90年代のJ-POPシーンを創り上げた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)。TRF、安室奈美恵、華原朋美…[ 記事全文 ]
浅野ゆう子 結婚決断の陰にあった故・田宮五郎さんの“遺言” 女性自身1月17日(水)11時0分
1月11日、浅野ゆう子(57)が公式サイトで結婚を発表した。お相手は同世代の一般人男性。交際に発展したのは最近だというが、昨年末にゴールイ…[ 記事全文 ]
広瀬アリス、すず姉妹が兄逮捕にツイッターで謝罪 日刊スポーツ1月17日(水)14時41分
広瀬アリス(23)と妹のすず(19)の姉妹が17日、そろってツイッターを更新し、実兄の無職大石晃也容疑者(24=静岡市)が15日に道交法違…[ 記事全文 ]
既婚者に騙され文春砲に…指原莉乃の「今年の恋愛運」が酷すぎた! アサジョ1月17日(水)10時15分
絶望的な占い結果に本人はショックを受けたようだ。HKT48の指原莉乃が、9日放送のインターネット番組「指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男…[ 記事全文 ]
向井理 ドS男熱演に「闇が深い」「もはやホラー」と反響続々 女性自身1月17日(水)16時0分
1月16日から放送がスタートしたドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)で、向井理が見せた「ドS演技」が話題を呼んでいる。向井が演じるの…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア