SUPER☆GiRLSの稼農楓が脱退「将来についてゼロからスタートしたい」。

1月17日(木)4時31分 ナリナリドットコム

11人組アイドルグループ・SUPER☆GiRLSの稼農楓(かのうかえで/20歳)が1月16日、同グループを脱退したことが公式サイトで発表された。また、稼農は自身の公式ブログで、ファンに脱退の理由を説明している。

公式サイトでは、まず、「このたび、メンバーの稼農楓が、1月16日(水)を持ちまして、SUPER☆GiRLSを脱退することになりました。本人の、将来に対する考えや意向を、所属事務所としまして理解し承諾させて頂きました」とファンに報告。そして「2010年6月の結成から約2年半の間に、様々な活動をする中で、いつも応援をしてくださったファンの皆様、そして関係各社の皆様には、突然のお知らせとなってしまい心からお詫び申し上げます」と謝罪している。

稼農本人はブログにエントリー「皆さまへ」を更新。avexアイドルオーディション2010に合格してからの約2年半の活動を振り返った上で、昨年末からの体調不良で休んでいる間に「この2年半の活動や、自分自身の将来」についてゆっくり考えることができたという。

そして「20歳になってみて、私自身の未熟さや甘えていた部分を変えたい。あらためて、将来についてゼロからスタートしたい。そういう思いを、スタッフの皆さんや、家族と相談」した結果、今回の脱退という結論に至ったそうだ。

稼農は2010年6月に結成されたSUPER☆GiRLSのメンバーとして参加。しかし昨年11月、「週刊文春」に「紅白有力 スーパーガールズ 元カレが悔し泣き『恋と堕胎』」と題し、半年前まで稼農と交際していたという19歳の男性の赤裸々な告白記事、キス写真、ラブレターなどが掲載された。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

脱退をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ