「スター・ウォーズのレイア姫CG化」噂を否定

1月17日(火)4時51分 ナリナリドットコム

ディズニーの傘下であるルーカスフィルムが、今後「スター・ウォーズ」作品内で、昨年12月に亡くなったキャリー・フィッシャーのデジタルイメージを使う権利を求めているという噂を一掃した。

60歳で亡くなったキャリーの遺産管理団体に、ディズニーがキャリーの肖像権を求めて交渉を行っていると噂されていたが、ここにきてディズニーはキャリーが同シリーズに与えてくれた「全てを誇りに思っていく」ものの、今後キャリーのイメージを作品内で使うことはないと宣言した。

StarWars.comに投稿された声明文には「ルーカスフィルムがキャリー・フィッシャーの演じたレイア姫、レイア・オーガナをデジタル化することはないということをファンの皆さんにお知らせします」「キャリー・フィッシャーはこれまでも、そしてこれからもルーカスフィルムの一員です。彼女は私たちのプリンセスであり、将軍であり、そして何よりも大切なことに、私たちの友人なのです。彼女を失った悲しみを私たちはまだ抱えています。彼女のレイア姫としての思い出と遺してくれたものを称え、これからも彼女が『スター・ウォーズ』に与えてくれた全てを誇りに思っていく次第です」とつづられている。

「スター・ウォーズ」の前日譚「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に、1994年に他界した俳優ピーター・カッシングがCGで登場していたことから、BBCの「ニュースナイト」は、ディズニーが今後「スター・ウォーズ」作品内で同様の技術を使用してレイア姫を蘇らせようとしていると報じていた。

キャリーは死の直前に「スター・ウォーズ:エピソード8」の撮影を完了させていたと言われているものの、同作品には続編が予定されている。ディズニーと3本の映画契約を結んでいたキャリーが昨年12月27日にこの世を去ったことで、その契約が果たすことができなくなり、保険会社よりディズニーに個人の生命保険金として史上最高額となる5000万ドル(約59億円)が支払われることになると、先日報じられていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スター・ウォーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ