芦田愛菜、強い意思感じるまっすぐな視線

1月17日(水)4時1分 ナリナリドットコム

女優の芦田愛菜(13歳)が出演する、早稲田アカデミーの新グラフィック広告が、1月17日より新聞等で展開されている。

コピーは「受験の神様は、ぜんぶ見てた。」。2017年春から広告キャラクターをつとめる芦田が出演し、受験の厳しさ、苦しさ、やりがい、喜び……と、全てを経験した芦田だからこそ表現できる、単なる「がんばれ」にとどまらない受験生応援広告だ。

撮影は、12月中旬の都内某所で行われた。前日までの寒さがウソのように、撮影当日はよく晴れて穏やかに。スタッフから「春を連れてきてくれてありがとう!」と言われて、少し照れる芦田。早稲田アカデミーの広告の撮影日はいつも天気に恵まれていたことから、「晴れ女かもしれない?」と話す芦田に、現場は一気に和やかなムードに包まれていた。

撮影が始まると、スタッフの説明に真剣な表情で耳を傾ける芦田。強い意志を感じさせるまっすぐな視線と、芦田だからこそできる様々な感情が交差する表情に、周囲は静まり返り、シャッター音だけが響いていく。

カメラマンの正田真弘氏いわく「どういう表情にするかは彼女の解釈に任せ、私からの指示はあえて少なくした」とのことで、芦田は終始集中した様子で撮影に臨んでいた。

撮影後は自らも写真をチェックして、OKが出るとほっとした表情で花束を受け取り、笑顔で現場を後にした。


☆芦田愛菜 インタビュー

質問:本日の撮影はどうでしたか?
芦田:意志が強そうな感じを出すのが、難しかったですね。

質問:今回のグラフィックのテーマは「受験生応援」です。受験生にとって体調管理は大切ですが、芦田さんが体調管理のために心がけていることを教えてください。
芦田:手洗い、うがいはやっぱり欠かせないですし、日頃マスクをしたりとか、あとは身体を冷やさないことが大事かなと思います。部屋の中では靴下をはいてたり、お風呂に長めに浸かってみたり。外に出たら必ず手洗い、うがいをするようにしてますね。

質問:2018年はどういう年にしたいですか?
芦田:中学二年生になって、後輩が入ってくるので、後輩に頼られる先輩になれる年でいたいですね。困っている後輩を見つけたら先に気が付いてあげて、いろいろアドバイスできるように、頼られる先輩になりたいです!(笑)

質問:新学期に向けて楽しみなことは?
芦田:中学に入って先輩ができてすごく楽しくて、今度は後輩ができるので、やっぱりそれが一番の楽しみですね。

質問:この時期まさに受験に向けてがんばっている受験生にメッセージをお願いします。
芦田:自分のためにも今まで支えてくださった方々のためにも最後まで全力で夢に向かって突き進んでください!

ナリナリドットコム

「芦田」をもっと詳しく

「芦田」のニュース

BIGLOBE
トップへ