「ガチムチ」「ネコ」「タチ」「リバ」…このゲイ用語の意味は?

1月17日(月)10時0分 NEWSポストセブン

目下、大ブレイク中のマツコ・デラックス(38)、ミッツ・マングローブ(35)、楽しんご(31)。いまやテレビで見ない日はない存在となった彼&彼女たちのことをもっとよく理解できるよう、ゲイカルチャーのキーワードを解説します。


【おネエ言葉】

単に女言葉を使うのではなく、言葉の選び方、いい回し、抑揚などが重要。オーバー気味にいうのがミソ。例:「マリアナ海溝よりも深く気分が沈んじゃったわ」。奥が深い!


【外専】

外国人男性を好む人。


【ガチムチ】

がっちり、むっちりした肉体。例えるなら柔道家の内柴正人。


【カミングアウト】

性的指向を親、友達、同僚などに告白すること。←→クローゼット。隠している。


【熊系】

ごついけども、顔が丸く、瞳がつぶらで親しみやすい印象の人。芸能人でいうとケンドーコバヤシ(38)、髭男爵の山田ルイ53世(35)、ブラックマヨネーズの小杉竜一(37)。


【性同一性障がい】

広義では心と体の性が一致しない状態。


【セクマイ】

セクシャルマイノリティーの略。性のあり方が少数である人。同性愛者、両性愛者、性同一性障がいなどが含まれる。


【タチ】

セックスにおいてリードする側。ネコは、逆の意味。


【トランスジェンダー】

生物学的な性と自身の性別の認識(性自認)が異なる人。


【ネコ】

セックスにおいてリードされる側。同義語としては「ウケ」。


【ノンケ】

異性愛者のこと。「その気がない」が語源。


【フケ専】

年配男性を好む人。10、20才離れているのはさほど珍しくないのがゲイの世界。


【店子】

みせこ。ゲイバーなどで働く店員。


【リバ】

タチもネコも両方できる人。リバーシブルの略。


※女性セブン2011年1月20・27日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ネコをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ