逸見政孝氏総工費12億円の自宅残す 多額の借金にも妻負けず

1月17日(土)7時0分 NEWSポストセブン

 高視聴率番組『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!』『たけし・逸見の平成教育委員会』などのパーソナリティで人気を博したフリーアナウンサーでタレントの逸見政孝さん(享年48)。人気絶頂の1993年、がんに侵されていることを突然公表。生還を誓うも、帰らぬ人となった。


 そんな逸見さんは生前、家族と共に暮らす一軒家を建てていた。本人がここで過ごしたのは1年にも満たなかったが、残された家族がこの家で紡いだ思い出は数知れない。息子でバラエティー番組の司会や俳優として活躍する逸見太郎(42才)が、いかに母・晴恵さん(享年61)と家族でこの家を守り抜いたかを語った。


 * * *

 1992年10月に父は東京・世田谷に新居を建てました。そこは母が生まれ育った場所。母にたくさん苦労をかけたことの罪滅ぼしの意味があったのかもしれません。


 人が集まれるようにリビング、ダイニング、ミーティングルームが一体となった広いスペースを作り、ガーデンパーティーをしたいと庭にもこだわった。あとは父が好きだったオーディオルームと書斎…。140坪に7LDKという間取りでした。


 でも、新居が完成してわずか3か月後に、父の胃がんが発覚し、翌年の12月に逝ってしまった。さて、新居をどうするか。大変でしたね。ローンもありますし、固定資産税もかかりますから。(編集部注・当時政孝さんの新居は総工費12億円ともいわれ、政孝さんの死後、晴恵さんは借金5億円を背負ったと報じられた)


「家は売ったほうがいいんじゃないか」


 家族会議をしてぼくも妹もそう言いました。でも、母は「そんな勝手なことを言うのなら、この家を出ていってちょうだい!」と頑として反対しました。カーテンや家具や家の中のものは父と2人で選んだものだし、愛する人との思い出が詰まっているこの家をなくしたくなかったのでしょう。父の成功の証でもある家を女のプライドにかけて守るという、ある種の凄みを感じました。


 父が亡くなってからの母は、エッセイストとして原稿を書いて本を出版し、講演活動で全国を回って。年間100本の講演をこなした年もありました。


「晴恵さんはあの家に殺されたのよ」


 はっきりと言葉にする母の親しい友人もいました。家のローンを払うために、かなり無理をしていましたから。夜中に、真剣な顔をして通帳を見入っていた母の姿が印象に残っています。


 つらかったと思います。でも、ぼくや周りの人たちには弱いところを全然見せませんでした。友達を家に呼び手料理を振る舞い、お酒を飲んで。亭主関白の父がいたら、できなかったことを楽しんでいるかのような面もありました。


聞き手・文/根岸康雄


※女性セブン2015年1月29日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

逸見政孝をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ