船越英一郎と年末別々に過ごした松居一代が受けた心理療法

1月17日(日)7時0分 NEWSポストセブン

年末には一人で心理療法合宿に参加

写真を拡大

 船越英一郎(55才)が1月8日、年末の28日より滞在していたハワイ・ホノルルから成田にひとり帰国した。年末年始を留守にしていた自宅に戻るのかと思いきや、船越の向かった先は東京・お台場にある会員制の超高級ホテルだった。


 実は、これまで数々話題となってきた船越・松居一代(58才)がついに離婚するという報道がなされている。年末年始、船越はハワイへ、松居はひとり日本に残された。


 夫に離婚を突きつけられ、日本に残された松居はどうしたか。年の瀬、長野県のある宿泊施設に松居の姿があった。彼女はここで、「内観法」と呼ばれる心理療法を受けていた。


「1週間テレビもパソコンもケータイもない生活の中で、朝6時半から夜9時までひたすら自分の過去を見つめ直す作業に没頭するのです。定員15人の合宿形式の治療なのですが、参加者の中に松居さんを見つけた時は驚きました。


『内観法』を受けに来るのは、人間関係や夫婦仲に悩むかたが多いのです。松居さんもまた、非常に思い詰めた顔をされていたのが印象的でした」(松居に居合わせた参加者)


 内観は参加者それぞれが個室で行う。両親や配偶者、子供など、人生で深く関与した人々に対して、


【1】してもらったこと

【2】してあげたこと

【3】迷惑をかけたこと


 この3つを3年ごとに区切って思い出していく。2時間ごとにセラピストと面談し、過去を見つめ直してわかったことを話し合う。


「食事は参加者みんなが揃って大部屋で食べるのですが、面談時間以外の私語は厳禁なので、松居さんも黙々とひとりで食べていました。


 無農薬の有機野菜と酵素玄米という体に良いメニューで、彼女は、毎回しっかりと完食していました」(前出・参加者)


 1週間の合宿を終えた松居は、セラピストに何度も頭を下げ、施設を後にしたという。帰京後の1月6日、松居はブログを更新した。


《お仕事もお休みでしたので実にのんびりといたしました。その静かな時間のなかで自分を見つめることもできました。やはり、人生のひとつの区切りとしてお正月はよろしいですね》


 松居が過去と自分を見つめ直し、もがきながら見つけた真実も、船越にはもう届かなかった。


※女性セブン2016年1月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松居一代をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ