犬343種、猫40種 それぞれ運動能力や性格は異なる

1月17日(日)16時0分 NEWSポストセブン

犬約343種、猫約40種で性格はまったく異なる(PH:Thinkstock/Getty Images)

写真を拡大

 犬種は約343種、猫種は約40種あり、同じ犬猫といっても、それぞれ運動能力も性格も全く違う。ドッグライフカウンセラーの谷川のぞみさんに、さまざまな犬の特徴を聞いた。


「犬の場合、チワワや柴犬など、耳が立って鼻がツンと前に出ている顔立ちの犬は、比較的独立心が旺盛。自分の意志がはっきりしていて頑固な部分もあるので、飼い主の都合ばかり押しつけないこと。  一方、タレ耳で顔が丸いシーズーやパグは、人懐こくのんびり屋。初めて飼う人でも、一緒に暮らしやすい犬種といえます」


 さらに、「獲物を回収する」という意味を持つレトリーバーは、フリスビーなどの遊びが好き。従順でしつけはしやすいが、運動量が多い。体重も30kg以上あるので、体力に自信があり、外で犬と思い切り遊びたい人向き。


 日本犬の中では小型で海外でも人気が高いのは柴犬。そもそも狩猟犬のため、独立心が旺盛。深い愛情の持ち主で飼い主に忠実だという特徴があるという。


 続いては猫。「猫はオスとメスで性格が違う」と、高円寺アニマルクリニックの高崎一哉さんは言う。


「オスは遊び好きで甘えん坊。特に去勢をしたオスは、子供っぽさが残り、やんちゃです。去勢していないオスは、成長とともに頑固になる傾向が。また、メスは避妊に関係なく、クールな性格の子が多いですね。一緒に遊びたいと考えているかたは去勢したオスがおすすめです」(高崎さん)


 種類による特徴として、エキゾチックは、長毛なので毛玉ができやすく、毎日のブラッシングは必須。自由気ままな性格なので、スキンシップは好まない。クールな関係を求めている人向き。


 また、アメリカンショートヘアは、短毛なので頻繁にブラッシングする必要はなく、手入れが楽。好奇心旺盛で人懐こいので、猫とたくさん遊んで暮らしたい人におすすめだ。こんなに違うなら、生活スタイルや性格と、どの種類が合うのか、事前のリサーチは必要だろう。


※女性セブン2016年1月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

性格をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ