市原悦子さん、最期の病室に台本持ち込み発声練習をしていた

1月17日(木)16時0分 NEWSポストセブン

1月12日、心不全で亡くなった市原悦子さん

写真を拡大

『まんが日本昔ばなし』(TBS系)の、あの木訥として穏やかで、耳元で語りかけるような独特の優しい声。「むかーし、むかし、あるところに…」。その声は、1980年代を生きた日本人に、いつも懐かしい故郷を思い起こさせた。


 名女優・市原悦子さん(享年82)は、最期まで、そんな「声」にこだわり、女優魂を燃やし続けていた。


「最後に会ったのは、入院される直前の昨年11月半ばのことでした。都内マンションの自宅にお邪魔したんです。市原さんは車椅子だったんですけど、いつも通りに口は達者で、体調を尋ねると、“げんきよ〜”と笑い声にもハリがありました。相変わらず、聞き惚れるような“声”でした」(市原さんの友人)


 2年ほど前、「自己免疫性脊髄炎」という難病に侵された市原さんは、手足が動きづらくなり、麻痺や感覚障害に苦しんだ。それを境に、映画やドラマなどの映像の世界から姿を消した。


 活動休止期間は1年4か月に及ぶ。しかし、「もう一度、私の声をお茶の間に届けたい」という情熱は決して消えなかった。


「発症後は、あまりしゃべらない時期が続き、声帯も細くなったようです。市原さんは“声を出さないでいると、声は縮んで小さくなっちゃうのよ”と、友人を自宅に招いてはおしゃべりに花を咲かせ、おおげさなぐらい大きな声で笑っていました。一緒に歌をうたうこともあった。そうして、再び声を取り戻していったんです」(別の友人)


 病院で懸命にリハビリをしても、足が言うことを聞かない。立ち上がれない。女優としてスポットライトを浴びてきた市原さんにとっては、そんな姿を見せるのは、複雑な思いもあっただろう。それでも震える手で、歪んだ文字でも構わずに、多くの友人たちに手紙を書き、「また会いに来てね」と綴った。


 そして、念願の復帰を果たす。昨年3月からNHK番組『おやすみ日本 眠いいね!』内のコーナー『日本眠いい昔ばなし』を担当した。市原さんがこだわり続けてきた「声」で出演した。日本人に故郷を思い出させる、あの声のままだった。


「市原さんの強い希望での復帰でした。とはいえ、NHKまで収録に出てこられない。それならばと、異例のことですが、自宅収録を行いました。録音スタッフが機材を持って市原さんの自宅を訪れ、最初の数回は自宅のベッドの上でパジャマのまま、体を起こして朗読を収録しました。そのうち、車椅子に座って収録をするようになりました」(芸能関係者)



 市原さんは周囲に、「月に数度、30分でいいから、マイクの前に立って収録をすることが、今の目標なの」と笑顔で語っていた。かつて『まんが日本昔ばなし』を朗読していた頃と同じように、台本を何度も何度も、繰り返して声に出して読んでいた。


 12月25日、最後の収録。同月上旬に急性虫垂炎で緊急入院していた市原さんは病院のベッドの上から私たちに、磨き上げてきた「声」を届けた。


 12月30日には、一時帰宅を果たした。大晦日、元日、2日と自宅で過ごす。ところが、3日に容体が急変し、5日に再び病院に戻った。


「市原さんは病室に台本を持ち込んでいたんです。また病院で収録するかもしれないからと。最期まで、“声を届けたい”という気持ちがあって、発声練習もしていたそうです。亡くなる3日前くらいから意識が混濁して、徐々に反応もなくなり、声も出なくなりました。最期は親族や友人たちに囲まれながら、息を引き取りました」(前出・友人)


※女性セブン2019年1月31日号

NEWSポストセブン

「市原悦子」をもっと詳しく

「市原悦子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ