安倍首相の美食の日々 年末年始に訪れた超豪華11店リスト

1月17日(金)7時0分 NEWSポストセブン

写真はイメージです(ゲッティイメージズ)

写真を拡大

 新年早々、アメリカとイランの対立で緊張の高まる中東3か国を訪問し、1月15日に帰国した安倍晋三首相。主要2閣僚の辞任や「桜を見る会」の問題など、昨年から続く国会での追及にもかかわらず疲れた様子すら見せないが、その元気の源は正月休みの「グルメ三昧」かもしれない。報道各社が朝から晩まで首相を追いかけて動向を報じる「首相動静」を紐解くと、年末年始にかけて安倍首相が“美食の日々”を過ごしていたことがわかる。


●12月27日(金)/和食「瓢喜」、ステーキ「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」


 多くの企業や官公庁が仕事納めとなった昨年12月27日、安倍首相は赤坂の日本料理店「京都 瓢喜 赤坂店」で首相補佐官、内閣総務官らと会食した後、虎ノ門のホテル「アンダーズ東京」内のレストラン「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」に河岸を変えて、橋下徹・元大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎・大阪市長らとテーブルを囲んだ。


 虎ノ門ヒルズの51階に位置するザ タヴァンでは、東京の美しい夜景を一望しながら名物のグリル料理を堪能できる。なかでもお勧めとされるのは、雪や藁でこしらえた天然の冷蔵庫で食材をじっくり熟成させる「スノーエイジング・ステーキ」だ。


●12月28日(土)/中華「赤坂 維新號 本店」


 28日は母親の洋子さん、実弟の岸信夫・自民党衆院議員らとともに紀尾井町の中国料理店「赤坂 維新號 本店」で“親族食事会”。明治創業の同店は名門・安倍家が年末に一堂に会するのにふさわしいのだろうが、参加者にアッキー(昭恵夫人)の名前が見当たらなかったのが気がかりだ。


●12月29日(日)/グランドハイアット東京の中華「チャイナルーム」

●12月30日(月)/同、ダイニング「フレンチ キッチン」

●12月31日(火)/同、イタリアン「フィオレンティーナ」、同、ステーキ「オーク ドア」


 29日から翌年1月3日までは12年の首相就任以来、年末年始を過ごしている六本木のホテル「グランドハイアット東京」に宿泊した。同ホテルは宿泊予約サイト「一休.com」の「2020東京高級ホテルランキング」で5位に選ばれた都内屈指のラグジュアリーホテルである。


 チェックイン後はグルメモード全開に。29日夜の中国料理店「チャイナルーム」を皮切りに、30日夜はダイニング「フレンチ キッチン」、31日昼はイタリアン「フィオレンティーナ」、31日夜はステーキハウス「オーク ドア」と、グランドハイアットに集結した一流レストランを総ナメにする勢いで会食を重ね、中華、フレンチ、イタリアン、ステーキの「豪華ホテルめし4連投」で記念すべき令和元年を締め括った。


●1月1日(元日)/グランドハイアット東京の和食「旬房」

●1月2日(木)/同、ダイニング「フレンチ キッチン」

●1月3日(金)/同、和食「旬房」


 迎えた新年1月1日は皇居での新年祝賀の儀を終えた後、ホテルに戻って日本料理店「旬房」で夕食。“四季折々の新鮮素材を選りすぐった”という日本料理店を、元日の夕食の場としてチョイスしたのは「美しい国、日本」を提唱する安倍首相ならではか。


 2日は神奈川県でゴルフに興じたのち、ホテルに戻って「フレンチ キッチン」でフレンチディナー。3日昼に再び「旬房」で和食を堪能してホテルを後にした。


●1月6日(月)/焼肉「SATOブリアン」


「食通」ぶりがいかんなく発揮されたと言えるのが6日夜だ。この日は日帰りで伊勢神宮を参拝した後、谷内正太郎前国家安全保障局長、辻慎吾森ビル社長とともに東京・阿佐ヶ谷南の焼肉店「SATOブリアン本店」を訪れた。


 赤身のなかでも独特の軟らかさや旨味がある希少部位「シャトーブリアン」を提供する同店は焼肉ファンなら知らない人のいない超有名店で、なかなか予約の取れない店としても知られる。“最もおいしく食べられるように”同店スタッフが焼いてくれるシャトーブリアンを間近に見て、安倍首相は期待に心を躍らせたはずだ。


●1月7日(火)/ホテルニューオータニの和食「千羽鶴」


 7日は自民党の新年仕事始めや経済3団体共催の新年祝賀パーティに出席した後、「桜を見る会」前夜祭での会費値引き問題で話題になった「ホテルニューオータニ」にある日本料理店「千羽鶴」で和食に舌鼓を打った。


●1月8日(水)/料亭「東京吉兆本店」


 8日夜は河村建夫・自民党衆院議員、御手洗冨士夫・キヤノン会長、瀧口登志夫キヤノンメディカルシステムズ社長とともに銀座の日本料理店「東京吉兆本店」で会食した。料理業者として初めて文化功労者となった湯木貞一氏が創業した吉兆は、言わずと知れた日本料理の最高峰。飲食店情報サイト「食べログ」によると、1人当たりの平均予算は6万〜7万9999円だという。安倍首相の“年またぎグルメ旅”は、庶民には高嶺の花である最高級店でクライマックスを迎えて、静かに幕を閉じた。


 その一方で、ここ1か月余りの「首相動静」を紐解いて見過ごせないのは、年末年始を挟むかたちで行われた2つの食事会だ。安倍首相は昨年12月17日に神田小川町の居酒屋「福の花 神田小川町店」で報道各社の首相番記者と懇談し、1月10日には京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI 銀座京橋店」で朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、NHK、日本テレビ、テレビ東京などのマスコミ幹部らと会食している。


 首相が私的に楽しむグルメ三昧に目くじらを立てるつもりはない。しかし国家の最高実力者と、権力を監視する役割を担うマスコミが密室で繰り広げる「夜の会食」は、はたして健全と言えるのだろうか──食通垂涎の名店が並ぶ年末年始の「首相動静」からは、そんな問題が浮かび上がってくる。


●取材・文/池田道大(フリーライター)

NEWSポストセブン

「首相」をもっと詳しく

「首相」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ