ビートルズ愛に溢れるバンド・ゴーグルズがCMに登場 「抱きしめてみたい」って?

1月17日(火)14時25分 Techinsight

ゴーグルズのライブ(出典:https://www.instagram.com/gogglesfukuoka)

写真を拡大

ザ・フライング・エレファンツをはじめビートルズナンバーを熱く演奏するコピーバンドは日本にも数あるが、原曲を演奏するのではなくパロディでここまで “ビートルズ愛”を放つバンドは珍しい。福岡のロックバンド・ゴーグルズ(THE GOGGLES)がローカルCMながらテレビに登場して、その存在を広く知られることとなった。

ビートルズのパロディバンドと言えば1975年から2002年まで活動したイギリスのバンド・ラトルズ(The Rutles)が有名だ。ゴーグルズは「日本のラトルズ」と呼ばれるほどパロディの完成度が高い。福岡発ながら2013年にファーストアルバムを発表すると全国で話題となり、2017年1月27日にはセカンドアルバム『マジカルミステリーチューンズVOL.2』をリリースする。

それに先駆けて彼らが登場する『カローラ福岡C-HR』のテレビCMが1月15日よりオンエア開始した。BGMに流れる『I WANNA CALL YOUR NAME(抱きしめてみたい)』を聴けば「ビートルズのようでビートルズじゃない」彼らのサウンドにニンマリするか、あるいは感動さえ覚えるだろう。

折しもポール・マッカートニーが『ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー 2017』で東京ドーム公演を行うため、4月に来日する。ポールは大滝詠一がプロデュースした金沢明子の16枚目シングル『イエロー・サブマリン音頭』(1982年)を快く聴き高く評価したという。2013年の来日公演では彼が登場するまでのDJタイムで『イエロー・サブマリン音頭』を流している。今回の公演でもしもゴーグルズが前座を務めたならばきっと盛り上がるだろう。



出典:https://www.instagram.com/gogglesfukuoka
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ