女芸人からも批判!芸能界で“反・松本人志連合”拡大の動きが

1月18日(金)17時59分 アサ芸プラス

 ダウンタウン・松本人志のハラスメントギャグが波紋を広げている。

 1月13日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)ではNGT48・山口真帆の「暴行被害告白騒動」を特集。メンバーの安全対策について「偉い人が仕切っても何もできない。私が立ったとしても、何もできないと思う」と語ったゲストの指原莉乃に対して松本は「それはお得意の体を使ってなんとかするとか」と発言。まさかの「ハラスメントの返し」に呆れ返る様子を見せた指原だったが、放送後、SNS上では「女性差別的」として松本を非難する声が噴出している。

 今回の騒動について「もはや“おなじみの光景”になりましたね」と指摘するのは放送作家だ。続けてもらおう。

「一昨年末の『笑ってはいけない』でベッキーに『禊のタイキック』をさせて以来、ネット上の一部の人たちの間で松本に対する風当たりが強くなっているんです。その急先鋒となっているのが、かつて松本に『おもしろくない』とバッサリ斬られたことに恨みを持っているといわれる脳科学者の茂木健一郎。案の定、今回の件でもブログで松本の発言を批判していました」

 これまで有名人では茂木のみが“反・松本”の姿勢を鮮明にしていたが、今回の「ハラスメント発言」については「茂木以外にも続々と芸能人が松本を批判するスタンスを見せている。芸能界で“反・松本人志連合”ができる勢いなんですよ」と同氏。

「松本のハラスメント発言についてツイッターで『こんなのもうやめようよ』『時代の流れ見えてなさすぎ』と痛烈に批判したフリーアナの小島慶子は茂木に続くひとり。さらには芸人の間でも松本を批判する動きが出たんですよ」(前出・放送作家)

 その芸人とは──。

「“お笑いジャーナリスト”を自称する女芸人のたかまつななです。彼女は、松本の性的ハラスメント発言を『真剣に考える』と題したブログで『大御所が言ったから許されることは絶対にない』と松本を批判している。今後、まだまだ芸能界で“反・松本”の流れが加速しそうです」(前出・放送作家)

 騒動の行方を注視したい。

(白川健一)

アサ芸プラス

「松本人志」をもっと詳しく

「松本人志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ