連ドラ初主演の小芝風花が「事務所のゴリ押し」と言われない理由

1月18日(金)17時59分 アサ芸プラス

 1月18日スタートのドラマ「トクサツガガガ」(NHK)で連ドラ初主演を務める小芝風花。丹羽庭による「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の同名漫画が原作で、小芝が演じるのは特撮オタクであることを周囲に隠して生活するOL・仲村叶(なかむらかの)。

 特撮を嫌う母親との確執や特撮オタクであることを隠さずにはいられない現実での葛藤など、デリケートなオタク心理を小芝がどう演じるか、大きな注目を集めている。小芝が所属するオスカープロモーションは、新人を「ゴリ押し」するといわれていることで知られており、もしも小芝の演技力に疑問が生じれば「オスカーのゴリ押しが始まった」と叩きたがっている輩が手ぐすね引いて待ち構えているのだ。

「小芝は中学2年生までの5年間、フィギュアスケートに打ち込み、『全日本フィギュアスケートノービス選手権』(ノービスダンス)での優勝経験もあるほど。表現力やド根性をスケートで身につけているためか、15年下半期放送のNHK朝ドラ『あさが来た』で共演した、口うるさいことで有名な友近から『演技派』と太鼓判を押され、舞台で共演した野間口徹や和田正人からもその実力を認められています。昨年12月14日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の『本音でハシゴ酒』コーナーに出演した時は、浜田雅功に対し『は?』といって、また不貞をしたのかという意味のセリフを放つとともにみごとなビンタを敢行。立派なド根性も見せていますから、事務所のゴリ押しなどと批判されることはまずないでしょう」(女性誌記者)

“オスカーの最終兵器”の異名を持つ小芝。その実力を存分に見せつけてほしいものだ。

アサ芸プラス

「連ドラ」をもっと詳しく

「連ドラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ